生放送はリアルタイムで放送することでしたよね?

野球観戦や音楽のライブなどは、よく生放送されていますね。
では、生中継との違いは何なのでしょうか?

今回は、わかっているようでわからない生中継と生放送の違いを分かりやすく解説していきたいと思います。
また生配信についても説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

生中継と生放送の違い

それでは、生中継と生放送の違いをご説明していきたいと思います。

生放送とは放送を録画することなくリアルタイムに視聴者に伝えていますね。
リアルタイムで、電波や通信回線を通してそれぞれの端末に伝わります。
生放送とは「リアルタイムな番組」ですね。

では、生中継の意味は?

その現場から直接状況を中継して放送することです。

中継はテレビ局と現場をマイクロ波、衛生、あるいは有線でつなぐことを言います。
現在放送している地点(スタジオ)とは違う場所でリアルタイムにて伝える放送ですね。

スタジオからカメラを切り替えて現地や現場の様子をリアルに放送する手段が中継です。
中継は他の放送局が放送しているコンテンツをつないで放送されているようです。
事件や事故の現場、またはスポーツ会場などからの画像を放送局に送り、放送します。

生中継とライブの違い

では、生中継とライブの違いは何でしょうか?
ライブは生放送と同じです。

生放送は通常のテレビ放送とは異なり、スタジオで録画や録音を編集はしません。
リアルタイムで視聴者に伝えることができますね。

野球、サッカー、ラグビーなどのスポーツや音楽はライブで放送されることが多いですね。

生中継は送られてきた画像、映像をそのまま放送することです。
現場から直接映像をつなぎ放送するので中継と言うようです。
「リアルタイムな現場」が生中継ですね。

スポンサーリンク

生配信と生放送、生中継の違い

生放送はテレビやラジオ番組のプログラムを録画や編集をせずにリアルタイム放送することです。
最近よく耳にすることが多い生配信ですが、生放送と、生中継との違いは何でしょうか?

生配信は録画せずに、リアルタイムで動画などを配信することですね。
あれ?生放送と同じではって思いますよね?
放送局などの電波放送ではなくて、特にインターネットを通じて動画などを公開することですね。
ネットの生配信は「オンライン配信」「デジタル配信」とも言われています。

最近ではコンサート会場まで行かずに、有料生配信されるライブが話題ですよね?
若者には大人気のユーチューバーなどもよく動画生配信されていますね。

ライブ配信はテレビのように見ているだけではなくて「チャット機能」があるものも!
質問や感想が瞬時に伝えられます。

まとめ

今回は、生中継と生放送の違いや生配信についての情報発信をしていきました。
いかがでしたでしょうか?
生配信の急成長に驚いている人も多いのではないでしょうか。

ここ最近では、動画生配信やライブ生配信が人気な世の中になってきていますね。
視聴者も番組に参加できるのが魅力のようです。
パソコンやスマホがあれば誰でも「今、この瞬間」のリアルタイムを伝えられます。

時代はどんどん進化しているのですね!

おすすめの記事
スポンサーリンク