日本の言葉には似た意味を持つ言葉が多く存在します。
その中でも「過ち」と「誤り」は日常生活でも使う言葉ですが、この二つの言葉の意味の違いをご存じでしょうか?

「過ち」と「誤り」この二つの言葉は似通っていますが、二つとも同じ意味で使用して良いのでしょうか?
両方とも間違いという意味を持った言葉ですが、この記事では二つの言葉の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

過ちの意味と使い方を解説

「過ち」は「あやまち」と読み、行き過ぎた間違いという意味の言葉です。

英語表記ではerrorと表記されます。日本でもエラーという言葉は定着していますね。

過ちという表現の使い方は「行き過ぎた躾をしてしまった」や「過ちを犯してしまった」などの使い方が正しく、行動や対処が行き過ぎによる間違いをした場合に用いられるのが「過ち」です。

誤りの意味と使い方を解説

「誤り」は「あやまり」と読み、食い違いや誤解という意味を持つ言葉です。

英語表記ではmistakeと表記されています。

誤りの表現と使い方は「計算に誤りがある」や「誤った認識によるミス」といった使い方をします。目的地とは違う間違った方向へ進んでしまう場合に用いられるのが「誤り」となります。

スポンサーリンク

「過ち」と「誤り」の違いって?

「過ち」という言葉は行動や対応が行き過ぎたことによる間違いという意味の言葉。
一方、「誤り」という言葉は食い違いや誤解が原因の間違いという意味で用いられます。

もっと端的な解説をすると、

・「過ち」は目的地を行き過ぎたことによる間違い
・「誤り」は目的地とは違う方向に進んでしまったことによる間違い

と表現すると分かりやすいかと思います。

まとめ

「過ち」と「誤り」二つの似通った言葉の違いと、それぞれの使い方について解説しました。

同じ意味の言葉と認識されがちなこの二つですが、意味と使い方に明確な違いがありました。

具体的な二つの言葉の使い方ですが、過ちを犯すといった言葉を使う際には「過ち」を使用します。
対して、計算の間違いや、間違った認識によるミスには「誤り」を使用します。

言葉で使用する際には気にならない言葉ですが、文章になるとどちらか迷ってしまいます。
二つの言葉の違いを正しく違いを理解して、使い分けましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク