気軽に街中を走行できることからちょっとしたブームになっている電動キックボード。
車道を走行するには原付免許とヘルメットが必要ですが、これが不要になることが決まりました。

2022年4月19日、道路交通法の改正案が可決され、運転免許やヘルメットがなくても公道を走れることになったのです。

そこで、電動キックボードが免許不要になるのはいつからなのか?
そして、知っておかなければならないことを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

電動キックボードの現行ルール

現在、電動キックボードを運転するには原付免許が必要です。

原付バイクと同じ扱いであるため、運転にはヘルメットの着用が義務づけられ、ナンバープレートを付けなければなりません。

他にも、バックミラー、方向指示器、前照灯、番号灯が装備されている必要があります。

電動キックボードの新ルール

新ルールが適用されるのは、最高時速が時速20km以下の電動キックボード。
新ルールが適用されると、電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」という新しい車両区分になります。

・16歳以上であれば、免許不要
・ヘルメットの着用は任意
・時速6km以下であれば歩道の走行可能

ほぼ自転車と同じ扱いになります。

スポンサーリンク

電動キックボードの新ルールが施行されるのはいつから?

免許もヘルメットも不要で運転できるようになる電動キックボード。

しかし、法律は可決されましたが、現在はまだ施行はされていません。

法律では2年内をめどに施行されるとなっていることから、2024年5月までに施行される見込みです。

電動キックボード法改正のまとめ

免許もヘルメットも不要になることで気軽に乗れるようになる電動キックボード。

規制が大幅に緩和されることで、心配なのは交通安全の問題。
よりルールとマナーを守って運転して欲しいものですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク