5月22日放送の「ザ・ノンフィクション」で取材されたMelty輝(メルティーキラ)さん。
キャバ嬢、キックボクサー、ホワイトニングサロン経営者と様々な顔を持つ女性です。

Melty輝さんとはどんな人物なのか?
気になる人も多いと思いますので、その経歴と現在を調べてみました。

スポンサーリンク

Melty輝(メルティーキラ)さんの年齢とプロフィール

Melty輝さんは1992年1月12日生まれ。
現在30歳です。

本名・出身地は公表されていませんが、18歳でキャバクラで働き始め、つい最近まで西船橋のヴェルージュというお店で働いていましたが、今は退店しているようです。

キャバ嬢のかたわら、キックボクサー、ホワイトニングサロン経営者としても活動しています。

Melty輝(メルティーキラ)さんの名前の由来

ご本人はメルティーキラという名前の由来について、こう話しています。

リングネームって言うかキャバクラでも『めるてぃーきらなんですけど』めるてぃーはシャズナのMeltyLoveから取って輝は高校の頃バレー部でコートネームって言うバレー部内の呼び名があって先輩が付けてくれるんですけどきらきら輝くような選手になって欲しいから!って『きら』って付けてくれたので今でも大切にしています!

Melty輝(拳伸ジム)インタビュー

そんなキラさんが夢中で取り組んでいるのが、キックボクシング。
「月曜から夜ふかし」で人気のフェフ姉さんについて、こんなツイートをしています。

キャバクラ週6出勤、ホワイトニングサロン週7勤務、ジム週4って、めちゃくちゃパワフルですね。

スポンサーリンク

Melty輝(メルティーキラ)さんの整形

キラさんは自らも整形していることを明かしていて、1,000万円以上の費用をかけたそうです。

整形話でディスられることはあるそうですが、本人は全く意に介さないようです。

Melty輝(メルティーキラ)さんの収入

様々な顔を持つキラさんですが、どれくらいの収入があるのでしょうか?

キャバ嬢としての収入

「ザ・ノンフィクション」では、「コロナ禍の影響も重なり、月の収入は15万円ほど。かつての1割にまで減少していた」と紹介されていました。

このことからコロナ前は月収150万円くらいあったと思われます。

キックボクサーとしての収入

キックボクサーの収入は、試合に出場した時にもらうファイトマネーです。

サラリーマンのような給料はありません。試合に出場しなければ、収入はゼロです。

プロのキックボクサーでも専業で生活できる人はほとんどいません。
大半の人は会社勤めやバイトをしながら生活しています。

キックボクサーの収入はファイトマネーで、デビュー戦で3万円程度
メインイベントの試合でもファイトマネーは数十万円程度だと言われています。

・出典:平均年収.jp

したがって、どんなに頑張っても年間100万円を稼ぐのは難しいでしょう。

キラさんは自分の試合をYouTubeで公開しています。

今、キラさんはキャバクラを辞めて、プロキックボクサーとして頑張っています。

ホワイトニングサロン経営者としての収入

キラさんは安定した収入を求め、歯のホワイトニングサロンを始めました。
200万円の借金をして開業しましたが、売り上げは伸び悩んでいるようです。

Melty輝(メルティーキラ)さんの家族

キラさんは家族のことは公開していませんが、YouTubeで母親ががん治療をしていることを明かしています。

YouTubeでは、美容院に行って坊主にする姿を公開しています。
がん治療で髪が抜けた母親の気持ちに寄り添うためだそうです。

キラさんの優しさが伺えるエピソードです。

Melty輝(メルティーキラ)さんのまとめ

キャバ嬢、キックボクサー、ホワイトニングサロン経営者として奮闘するキラさん。
そのパワフルな生き様には心を動かされます。

ぜひ頑張って、もう一花咲かせて欲しいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク