ご飯が美味しすぎてついつい食べ過ぎることないですか?
そして食べ過ぎると、下痢になるのはなぜでしょう。

せっかくご馳走を食べたのになんだか残念な気分ですよね。
できることならば腹痛を伴う下痢にはなりたくないですし。

今回の情報発信は食べ過ぎると下痢になるのはなぜなのか?
原因と対処法を分かりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

食べ過ぎると下痢になる理由

食べ過ぎたり飲みすぎたりして下痢になることがありますが、なぜでしょうか?

食べ過ぎで食べたものが腸で消化しきれないのが原因です。
そのため、下痢になってしまうのです。

過食してアルコールなどの冷たいものを飲み過ぎてもまた腸を刺激し、下痢になるようです。

下痢とはいわゆる便の水分が多過ぎる状態のことを言います。
健康な人でも便には70%の水分が含まれています。

便の水分量が80%以上になり頻繫にトイレに行く状態が下痢です。

私たち人間は食べたものを胃で消化し、小腸を通過。
大腸では水分を吸収して残ったものを排便します。

しかし、過食により大腸の「ぜん動運動」の働きが乱れると、大腸の水分吸収も不十分になり、下痢症状をおこします。

食べ過ぎて下痢の症状が出る時は大腸のバランスが崩れたことが考えられます。

まず急性の下痢の理由としては、暴飲暴食により腸で消化しきれなかったのが原因です。

下痢にならない!おすすめの食事メニュー

過食による下痢の原因が分かったので今度は身体に優しいおすすめの食事メニューをご紹介いたします。

胃腸が消化しやすいおすすめメニュー
・野菜のコンソメスープ…できれば野菜が細かく刻んであると消化しやすいです。

・煮込みうどん…消化の良い炭水化物です。お好みの肉や野菜を入れてくださいね!

・茶碗蒸し…かまぼこやほうれん草、鶏肉お好みで入れてください。

・大根の煮物…みりん、砂糖、だし、醬油でやさしい味付けをおすすめします。

・サバのおろし煮…サバを大根おろしで煮物にします。

・豆腐ステーキ…豆腐で良質のタンパク質を補給しましょう!消化吸収も良いです!

スポンサーリンク

下痢を防ぐために心がけたい生活習慣

毎日消化活動にオーバーワーク気味の胃腸、小腸、大腸を日頃からいたわりましょう!
下痢を防ぐために生活習慣も改善していきましょう。

食生活ではアルコールや冷たい飲み物を飲みすぎたりしないように注意しましょう!
体が冷えすぎないように体調の管理をしてくださいね。
外食ばかりして栄養のバランスが崩れないように心がけましょう。

質の良い睡眠を毎日とれるようにしましょう!
運動不足にならないように適度の運動もしていきましょう。

日頃の生活でストレスが続いていませんか?
ストレスはできる限りケアしていきましょう。

生活習慣が乱れると、腸内環境のバランスも乱れ下痢をしやすくなります。
思い当たる方は日々の生活スタイルを改善していきましょう。

まとめ

今回は過食による下痢の原因や対処法などをご紹介しました。
腸内環境は私たち人間の健康を大きく左右します。

私たちが好きな食べ物であるラーメンやステーキやケーキなどは消化しにくく
毎回毎食このメニューだと消化器官もかなり疲れます。

好きなものをバランス良く食事に取り入れていきたいですね!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク