電子手形とでんさいの違い分かりますか?
どちらも電子決済を行うためのものですね。
基本的には同じようなものになりますが、違いはあるようです。

企業同士の取引に手形は欠かせませんね。

違いを知ることで便利に利用できるのではないかと思います。

今回ご紹介しますのは電子手形とでんさいの違いについてです。
支払いから受け取りまでも分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

電子手形とでんさいの違い

電子手形やでんさいは、最近よく聞きますよね。
企業の取引にもよく使われています。
紙の手形を使う企業は今後減るのではないでしょうか?

電子手形もでんさいも電子決済です。
その違いはなんでしょうか?

でんさいが全国銀行協会が提供しているサービスとなります。
電子手形は三菱東京UFJ銀行が提供しているサービスです。

でんさいと電子手形は、提供の銀行が違いますね。
でんさいは都市銀行や地方銀行でも共通して利用できますが、電子手形は三菱UFJ銀行に限られてしまいます。

電子手形を使える人は限られてきますね。

電子手形のメリットとデメリット

では電子手形のメリットとデメリットをご紹介します。
電子手形のメリットは、やはりペーパーレス管理できることです。
手形を保管する金庫も必要なくなります。
銀行に取引依頼に行かなくても口座に自動的に入金されます。

そして印紙税の負担もなくなるのは嬉しいことです。

紙の手形と違い、紛失や盗難のリスクもないですね。
災害で手形を失うこともなくなりました。

電子手形のデメリットはあるのでしょうか?

一見してデメリットなどなさそうですが、課題はあるようです。

偽造を防ぐためのログイン時の厳重な個人認証など様々必要です。
電子手形はパソコン、FAXなどで簡単にできる操作です。
利用企業ではセキュリティ対策も厳重にしなければなりません。

スポンサーリンク

電子手形の支払い方法と受け取り方法

支払いの仕方は企業から、依頼をします。

三菱東京UFJ銀行に電子手形発生記録の手続き依頼です。

納入企業に発生記録予定債権割引の案内がFAX、またはEメールできます。
そして電子手形が発生します。
※webサービスをご利用のお客様はパソコン上で確認が可能です。

納入企業に期日到来のお知らせがFAXまたはEメールで届きます。

期日になると支払い企業から決済資金が納入企業の指定の決済口座に入金されます。
資金は当日からご利用可能です。

まとめ

今回ご紹介しましたのは電子手形とでんさいの違いでした。
いかがでしたでしょうか?

電子手形は紙の手形に変わる新たなる支払い方法として普及しました。
ペーパーレス管理は楽ですし!
もちろんですが、まだ紙の手形も使うことはできます。

しかしインターネットが普及した現代では、電子手形は便利ですね。
現物の手形を保管しなくてもいいし、印紙税の負担もなくなります。

セキュリティ管理さえきちんとできればメリットだらけの電子手形ですね。
パソコンじゃなくてもFAXでも利用できるのがいいですね。

この先インターネット普及に伴い暮らしは、どんどん便利になるでしょうね!

おすすめの記事
スポンサーリンク