不採用になった企業にもう一度応募したいと思うことってありますよね。

できればすぐにでも再チャレンジしたい気持ちがでてくるかもしれません。
そこで、不採用になった時に再応募をどうすればいいか紹介いたします。

スポンサーリンク

不採用になった企業への再応募はどのくらいの期間を空ける?

転職業界などでは大体1年あけてからの再応募してOKのようです。

1年経てばそれなりにスキルアップもしていたり経験も積んでるのではないかということから1年と言われています。

企業によっては3ヶ月とか半年で受けているところもあるようです。
実際に、前回ダメだった点が改善しているのであれば短い期間でも問題ないようです。

逆に2年経ってからじゃないとダメという企業もあるようです。

再応募するときの注意点とポイント

まずは再応募する時には、その会社は再募集がOKなのか、再募集はどのくらいの期間を空けなければならないか、ということは確認しておきましょう。

そして、再応募ということは必ず伝えるようにしましょう。

あと大事なのは、なぜ再応募をしたかを聞かれたときの対応です。

ここでちゃんと熱意を伝えることができれば、採用への道が開けます。
どうしてもこの会社に入社したいという強い意欲を見せることが大事です。

「いついつに不採用になって、それから何年間かこういった業務について、このくらいのことができるようになった」
などということも伝えると、相手に好印象を与えることができます。

そのためには、最初の応募で不採用になった原因を探ってそれを改善しなくてはいけません。
そこが治っていないなら再応募しても不採用になるでしょう。

再応募だからといって熱意があると受け取ってもらえるとは限りません。
しっかりと前回の不採用になった理由を改善する必要があります。

いずれにしろ、再募集がOKな会社ということは一度不採用になったことをそれほど気にしないということです。気後れせずに堂々と面接に臨みましょう。

スポンサーリンク

再応募してもまた不採用になったときは?

再応募しても不採用になることはあります。
むしろその方が多いはずです。

その場合は諦めず再チャレンジするか。
もしくはもう諦めて他の会社にトライするか。

どちらかの選択になると思います。

落ちても落ちても諦めない。
そこまでやる人はいないので、逆にチャンスと捉える考え方もあります。

採用する側もその熱意を買ってくれるかもしれません。

まとめ

どうしても入りたいという会社があるのはいいことです。
目標も明確になって、頑張ろうという気持ちになれるものです。

不採用になった時は自分を見直すいい機会です。
自分のダメだったところを改善する努力さえできれば、必ずいい結果が出るはずです。

あなたにとって最高な職場が見つかることを願っています。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク