ストレスの少ない楽な仕事はないのかと考えたことありませんか?
できれば年収も重視したいけど…やはりストレスフリー重視かな…
皆さんはそんなこと時々思うことないでしょうか。

特に転職して次の仕事を探すときなどは余計に考えますね。
自分にとっての「ラクなストレスフリー」な仕事は何か?
ラクだと思うポイントは人それぞれ違いますものね。

特に繊細な気質の人などはストレスフリーを優先したいものですね。

今回はストレスフリーの仕事とはどんな仕事があるのか?
職業ランキングと仕事の選び方をご紹介いたします。

ちなみにストレスがたまらない職業ランキングに関しましては、かなりの私の主観であることをお許しくださいませ!

スポンサーリンク

ストレスがたまらない職業ランキング10

すいません!結構いやかなりの私の主観的意見です!

1・セルフガソリンスタンドの社員
2・在宅のクリエイティブな仕事
3・漫画喫茶の店員
4・社内SE(システムエンジニア)
5・図書館職員
6・フォークリフト作業員(倉庫作業専門)
7・美術館の監視員
8・法人向けのコールセンタースタッフ
9・清掃員
10・データ入力の社員

一人の時間が多くて仕事が比較的に覚えやすいことや
不特定多数の人と関わらない仕事を選びました。

ストレスのない仕事を選ぶ6つのポイント

あなたはストレスフリーの仕事を選ぶ時に何を優先しますか?
そこで、仕事を選ぶ際の6つのポイントをまとめました。

①収入はこの際重視しないようにする。

②大企業は選ばないで規模の小さい会社を選ぶこと。

③自分に有利になる資格を取得する

④転職エージェントで希望に合った職を探す。

⑤残業がなくて定時で帰宅できる仕事を選ぶ

⑥人間関係がラクそうな仕事を選ぶこと

スポンサーリンク

ストレスのない仕事のメリットデメリット

まずはメリットからご紹介いたしますね!

・ストレスがないと精神的に安定して毎日が楽です。
 精神負担が続くとネガティブな感情になりますしね。

・残業もなく定時で帰宅できるのもいいですよね。

一方、デメリットもあります!

ストレスがない=ラクだと年収面では期待できないことが多いです。
収入は大事ではありますが…

ラクな反面変化もなく毎日の仕事を「退屈」に思うかもしれない。
やりがいを感じないかもしれません…

まとめ

今回はストレスフリーの職場をかなりの私主観で勝手にランキングさせていただきました。

社会人と呼ばれる立場になったら仕事のストレスは常にありますよね。
毎日仕事が楽しくてしょうがないような「天職」があればいいのですが…

逆に考えてストレスが多そうなお仕事は介護職やお医者様に保育士、長距離ドライバーさんなど思い浮かべてしまいます。
いずれも仕事への「やりがい」はかなりありそうですね。

ストレスで一番多いのが人間関係ではないでしょうか?
思考も人それぞれで毎回相手の気持ちを考えられる人ってそうそういないですからね…

この世に生きている限り、人間関係のストレスはなかなか避けて通れないものですからね。

おすすめの記事
スポンサーリンク