受験や試合など絶対に負けられない戦いに、準備は万端!できることはやった!
それでもあと一押しの祈りにも似た、昔から信じられている行いがあります。

それは食べ物によるゲン担ぎです。

そもそも大事なシーンに備えて、縁起の良い食べ物をゲン担ぎとして食べる風習が出来たのでしょうか?

今回はゲン担ぎとして食べられている食材とゲン担ぎとして食べられる理由を解説します。

スポンサーリンク

そもそもゲン担ぎって何なの?

ゲン担ぎとは漢字で「験担ぎ」と書きます。「いい結果になるように祈る行為」という意味です。

ゲン担ぎは単なる語呂合わせだったり、風習が広まったものだったりしますが実際に科学的にも緊張を和らげたり、腹持ちが良く集中出来たりと効果のある食材も存在します。

例えば、受験前といえばトンカツを食べたり、キットカットを食べたりといった語呂合わせのゲン担ぎが有名ですが、トンカツはタンパク質が豊富で腹持ちが良く、キットカットは糖質が高く含まれており、集中力の持続に効果が高いです。

ゲン担ぎとして有名な食材は?

ゲン担ぎとして有名な食材を3つ紹介します。

トンカツ

一つ目は先ほども紹介したトンカツです。

トンカツは昔からゲン担ぎとして食べられている食材で、トンカツの「カツ」を勝負に「勝つ」にかけて、勝負飯として食べられるようになりました。

納豆

納豆のようなネバネバした食材は、粘りにあやかり、最後まで粘り強く戦うという意味を込めて食べられます。

レンコン

レンコンは真ん中にいくつもの穴が開いています。
レンコンの穴を通して向う側を見ることが出来ることから、「先を見通す」「試験や受験に通る」という意味で食べられるようになりました。

スポンサーリンク

ゲン担ぎ食材も食べすぎに注意!

受験や試合に対する気持ちを高めるために有効なゲン担ぎ食材ですが、トンカツは緊張した状態で消化器系の動きが悪い状態で食べすぎると、脂質による胃もたれや、腹痛の原因となってしまいます。

トンカツに限らず、レンコンも食べすぎには注意が必要です。

レンコンには食物繊維が多く含まれているので、食べすぎると胃腸に負担をかけてしまい腹痛の原因となってしまいます。

ゲン担ぎとしてこれらの食材を食べる際は、食べすぎには十分注意しましょう!

まとめ

ゲン担ぎとして信じられている食べ物を紹介してきました。

ゲン担ぎとは漢字で「験担ぎ」と書きます。「いい結果になるように祈る行為」という意味です。
ゲン担ぎとして有名な食べ物である、トンカツ 納豆 レンコンの3つを紹介しました。

それぞれの食材にゲン担ぎとしての意味が込められていて、昔からよく食べられる食材でもあります。
皆さんも大事な受験や試合の前に、ゲン担ぎ食材を食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク