カップルや夫婦というのは長く付き合っていると倦怠期が訪れるものです。

そもそも倦怠期ってどれくらいの期間でやって来るものなのか?
そして、倦怠期になったときはどうやって乗り越えればいいのか?

その方法をお教えしたいと思います。

スポンサーリンク

倦怠期とは?

倦怠期とはパートナーへの気持ちが冷めてしまう期間のこと。

付き合った頃のときめきが失せて、新鮮味がなくなるため、相手の嫌なところが目につきやすくなります。
こうした状態が続くと、どんどん気持ちのすれ違いが起き、最悪別れてしまうことになります。

倦怠期の期間はどのくらい?

倦怠期はどれくらい続くものなのか?
これはケースバイケースですが、ひとつの目安が3カ月です。

3カ月経っても気持ちが冷めたままだと、愛情がなくなっている可能性が高いと考えてもいいでしょう。

カップルによっては、倦怠期のまま1年以上が経ってしまうこともあります。
別れるに別れられず、だらだらと付き合いを続けてしまうためです。

こうなると、なかなか元に戻ることが難しくなります。

スポンサーリンク

倦怠期を乗り越える方法

倦怠期を乗り越えるにはいくつかの方法があります。

2人で新しいことを始める

倦怠期を乗り越えるには積極的な行動が必要です。
2人でいることにマンネリを感じるようになったときは2人で何か新しいことを始めて見ましょう。

共通の趣味を見つけて一緒にやったり、今まで行ったことのない場所へ行ってみたり。
新しいことを2人で始めることで、付き合い始めた頃の新鮮な気持ちを取り戻せることがあります。

冷却期間を設ける

倦怠期であるにもかかわらず、頻繁に会っていると、相手への気持ちが余計冷めてしまうことがあります。
そこで、連絡を取り合う回数をできるだけ減らして、自分の時間を持つようにしましょう。

そうすると、冷静に相手のことを考え直すことができるようになり、愛情が再び芽生えることもあります。

2人で話し合ってみる

倦怠期だと思ったら、自分の心の中に収めず、話し合ってみましょう。
今の関係について互いにどう思っているのか?
素直に気持ちを打ち明けることで、2人の絆が深まり、良好な関係に変わることがあります。

愛してるという気持ちを伝える

倦怠期になると、どうしても相手への愛情表現が減ってしまいます。

会話が極端に減ったり、スキンシップがなくなったりすると、余計に関係が悪化してしまいます。
そこで、会話で相手を楽しませたり、ハグする回数を増やすなど、愛情表現することで関係が修復されることがあります。

また、相手をほめたり、感謝の気持ちを伝えることも効果的です。

自分磨きをする

付き合いが長くなると、相手にだらしない姿を見せてしまうものです。
すると、どんどん気持ちが冷めてしまいます。

そうならないためには自分磨きをして自分を魅力的に見せる努力をしましょう。
女性なら化粧や髪型などを変えるなど、すぐに見た目を変えることができます。

自分を魅力的にすることで、付き合った頃のようなトキメキを取り戻せ、倦怠期を解消できる可能性もあります。

倦怠期のまとめ

倦怠期というのは誰にでも訪れる可能性があります。

付き合った期間が長くなればなるほど気持ちが冷めることはあります。
しかし、そのまま何もしないでいると、ますます関係が悪化します。

むしろ、倦怠期は2人の関係を試されている期間だと前向きに考えて行動しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク