「姫カット」が今、海外で一大ブームとなっています。
TikTokやインスタグラムでは姫カットを公開する女性が続出。

アメリカの姉妹バンド「Haim」やファッションショーで一流モデル、
日本ではaikoさんなども姫カットを披露し、話題になっています。

そんな大ブームの姫カットですが、ネットでは「姫カットはダサい」「可愛くない」という声が多数上がっています。

そこで、姫カットはダサい!可愛くないと言われる理由を調べてみました。

スポンサーリンク

姫カットの由来

姫カットとは、ロングヘアのサイドを頬のあたりで直角にカットする髪型のことです。

その歴史は古く1200年以上も前の平安時代にまで遡ります。

当時は「鬢(びん)削ぎ」と呼ばれ、上流階級の女性のたしなみだったと言います。
そのため、16歳になると成人になった証として髪をカットしていました。

姫カットは1970年代にも爆発的なブームとなり、当時のアイドル麻丘めぐみさんの姫カットが大人気となり、同世代の少女たちがこぞって真似をしました。

また、ゴシックロリータファッションを好む女の子の定番髪型としても流行しました。

姫カットが海外で流行る理由

姫カットが海外で人気になったのは日本のアニメ人気が理由とも言われています。

アメリカでは、「姫カット」は「アニメヘア」とも呼ばれていて、日本の「Kawaii」文化が大きな影響を与えているようです。

ということで、大ブームの姫カットですが、否定的な声も少なくありません。

スポンサーリンク

姫カットのSNSでの否定的な評判

姫カットはダサい!可愛くない!という理由

姫カットはなぜ嫌われるのか?
その理由を探ってみました。

丸顔が強調される

姫カットは耳や顎のラインで顔横の髪を切り揃えるため、丸顔が強調されてしまいがちです。
丸顔やぷっくり頬の人は横幅が強調されて顔でかい印象を与えてしまいます。
そのため、ブスに見えてしまうというのです。

雰囲気が合わない

姫カットは少女アニメの主人公のイメージがあります。
幼くてキュートな女の子の髪型という先入観があるため、大人の女性には似合わないと思われるのです。

ロリータっぽい

姫カットはロリータファッションの定番の髪型であるため、可愛さを強調しようと意図が見えがちです。
少女漫画のような可愛い容姿の持ち主であればいいのですが、そうでないと「ダサい!」「可愛くない!」と思われてしまうようです。

オタクっぽい

姫カットはアニオタのイメージが強いのも「ダサい」と言われる理由のひとつのようです。
実在の女性がアニメに登場する女の子のような髪型をすることで「可愛くない」という印象を与えてしまうようです。

姫カットのまとめ

ということで、姫カットはダサい!可愛くないと言われる理由を紹介しました。

姫カットは確かに可愛い髪型ですが、やはり少女アニメの印象が強いです。
そのため、普通の女性がやると、逆効果になってしまいがちなのでしょう。

ブームだからと言って安易に飛びつくのは止めた方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク