日本語には、訓読みは同じでも漢字は違うという同訓異字がたくさんあります。

その中の一つ「おろす」と読む漢字もいくつかありますが、
「荷物をおろす」の「おろす」は「下ろす」だと思いますか?
それとも「降ろす」だと思いますか?

今回はこの「下ろす」と「降ろす」の意味や使い方の違いについて解説します。

スポンサーリンク

荷物をおろす 漢字は下ろす?降ろす?

「荷物をおろす」の場合の「おろす」は、「下ろす」なのか「降ろす」なのか…。

実は「下ろす」でも「降ろす」でも、どちらも間違いではありません。

どちらの漢字も「荷物をおろす」ということでは同じなのですが
荷物をどのような状況からおろしたのかによって「下ろす」か「降ろす」を使い分けます。

「下ろす」は、例えば、荷物を床におろす、棚から荷物をおろすといった、上にある物を下に下げるといった動作のときに使います。

車や飛行機、船などの乗り物から荷物を出す時には「降ろす」で表すのです。

下ろすと降ろすの違い

下ろすと降ろすの違いは何なのでしょうか?

下ろすを使う例文

「下ろす(下りる)」は、意味合いも複数あり、様々な場面で幅広く使われています。

上から下へ移動する、もとあったところから離して落とす、新しくなる、引き出す、といった意味があります。

上にあるものを下に移すときや、切り落とす時

・手を下ろす。
・枝を下ろす。

新しくするときや、新しいものを初めて使う時

・新しい靴を下ろす。(「下ろしたての靴」って言ったりしますよね。)

引いて下におろす、引っ張って無理に下ろす時

・シャッターを下ろす。
・カーテンを引き下ろす。

収めてあるものを取り出して使うとき、引き出す

・貯金を下ろす。

調理をするとき

・魚を三枚に下ろす。
・大根を下ろす。

物事を終わりにするときに使う言葉

・役者人生に「幕を下ろす」。

 

他にも
・許可が下りる。
・裁判の判決が下りる。
といった感じで使われます。

降ろすを使う例文

「降ろす(降りる)」には、高い場所から低い場所へ移る(移す)、乗り物から出る、しりぞく、外れる、ある物事から離れる、といった意味があります。

高い所から低い所へ移すとき

・パラシュートで降りる(降下)。
・旗を降ろす(降納)。

乗り物から出るとき

・車から荷物を降ろす。
・病院の前で乗客を降ろす(降車)。

役目を途中で辞めることや、現在の階級や地位などが下がる(下げる)こと

・投手が交代してマウンドから降りる(降板)。
・役職から降ろす(降格)。

勝負事で勝敗を争う権利を捨てる。

・勝ち目がないので降りる(降参)。

その他にも
・露が降りる。
・神様を降ろす(降臨)。
といった感じで使われます。

スポンサーリンク

まとめ

荷物を「下ろす」「降ろす」の使い方の違いを理解していただけたでしょうか?

「下ろす」と「降ろす」の様々な例文もご紹介しましたが、

「おろす(おりる)」の中には、「下」と「降」どちらの漢字を使っても間違いではないという場合もあるんですよ。

どちらを使ってもいい、でもこの場合は使い分けなければいけない…
そんな同訓異字が日本には、たくさんあふれかえっています。

すべてを覚えるのはなかなか大変ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク