社会の一員として生きていると納得のいかないことってありますよね。

会社で自分の意見が通らなかったり、コンビニ店員の態度が悪かったり、人は生きていれば大なり小なりの、納得のいかないモヤモヤを抱えてしまいます。

そんなモヤモヤした感情は早く消し去りたいものです。
今回は納得のいかない事を消化する方法を紹介します。

スポンサーリンク

納得いかないと思いやすい人の性格的特徴

わがままな人ほど納得いかないという感情を持ちやすいと思われがちですが、実は誠実で他人に気を使える人にも、納得いかないという感情が芽生えやすいです。

自分は約束を守っているのに、相手に守ってもらえない、こちらの発言が理解してもらえないなど・・・

納得いかないという感情は、自分の正当な行いに対して不条理な対応をされたときに芽生える感情です。

納得がいかない時の代表的場面

・自分は約束や時間を守っているのに、相手は遅れてきた上に謝罪もない
・会社で正当な時間の労働をしているのに、評価されない
・悪いことをしていないのに責された

このような、不条理を押し付けられた際に、納得いかないという感情は芽生えやすいです。

スポンサーリンク

納得がいかない時の気持ちの整理法

納得のいかない時、客観的に見ても自分に非が無い、しかし我慢して気持ちを切り替えなければならないときってありますよね。

我慢ばかりが正しいというわけではありませんが、時には不条理を飲み込まなければならない状況もあります。
そんな状況になった時の気持ちの整理法を紹介します。

1 一旦忘れてしまう

突きつけられた不条理について考えていても、イラ立ちやモヤモヤは解消しないどころか、どんどん悪化してしまいます。そんな時は、一旦忘れてしまって、別のことを考えましょう。
この方法は怒りの感情を管理するアンガーマネージメントでも使用される整理法です。

人間の感情のピークは10秒あれば落ち着くという研究結果があり、モヤモヤやイラ立ちも10秒あれば我慢できる程度の感情に落ち着いてきます。

2 反面教師にして受け入れる

納得のいかない事を言われた際には「この人は道理の通らないことで怒鳴る人なんだな」「約束を破っても、謝罪できない人なんだ」と冷静に判断し「こんな人にはなりたくない」と考えると気持ちが整理できます。

まとめ

納得いかない事を消化する方法を紹介しました。

現代の社会で生きていると、納得のいかない事は多いと思います。
納得のいかないモヤモヤした感情のまま過ごすのは、ストレスになります。

納得のいかない事に悩まされたら、1一旦忘れる 2反面教師として受け入れる、この二つを試してみて下さい。

モヤモヤした感情はスパッと切り替えて、スッキリとした気持ちで過ごしましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク