衣類の洗濯に欠かせない洗濯機、毎日のように使っていますが、いざ壊れてしまうと大変な事態ですね。

洗濯機も電化製品である限り寿命が存在しますが、一体何年くらい使える物なのでしょうか?
今回は洗濯機がどのくらいで寿命がくるのか、寿命を迎える目安はどのくらいなのか調べてみました。

スポンサーリンク

洗濯機の平均的な寿命はどのくらい?

洗濯機を毎日1回使用するとして、何年くらいで故障してしまうのでしょうか?
洗濯機の寿命は毎日使用する家庭で、約10年と言われています。

6年や7年を経過すると、洗濯中の異音が大きくなったり、ホース類が裂けたりと異常が発生します。

使用環境によっても、寿命には大きな差が発生し、ベランダや勝手口などの屋外に洗濯機を設置している家庭は、外気の温度差や雨風の影響を受け、プラスチックパーツやゴム類の劣化が早まります。

洗濯機がうるさいのは故障のサイン?

洗濯機の調子が悪くなってくると、様々な異常が発生します。
完全に壊れてしまって使えなくなる前に、次の洗濯機の購入や修理を検討しましょう。

洗濯機の主な異常のサイン

・洗濯中の音が大きくなる
・異音がする
・排水が遅い
・脱水できていない

洗濯機は一般的な家庭では毎日使用する家電ですので、いざ故障してしまうと衣類の洗濯が出来ず困ってしまいます。

そんな事態に陥る前に、新規購入や修理を検討しましょう。

スポンサーリンク

故障や異常が起こったら?

故障したかな?と思った際に、近年の洗濯機は故障や異常が発生した際にエラーコードを表示する製品が多いです。

機種によっても異なりますが、洗濯時間を表示する画面にエラーコードは表示されます。

修理依頼をする際にも、エラーコードを尋ねられることがありますので、コードが表示されたら、メモなどに書き留めておきましょう。

長い年月が経った洗濯機の故障は、寿命であることが多いです。
保証期間も切れている場合は、故障の箇所や状態にもよりますが、修理に高額な費用が掛かる場合があります。

修理しても他の箇所が故障して、何度も修理を依頼することも珍しくありません。

寿命が原因の故障は無理に修理をせず、新しい洗濯機の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

洗濯機は毎年のように新たな製品が各メーカーから販売されており、節水や電気の使用を抑えた洗濯機も販売されています。

もちろん新しい洗濯機ならば故障の心配も少なく、何度も修理依頼することを考えると、結果的に買い替えたほうがコストは抑えられることもあります。

まとめ

洗濯機の寿命と故障したときの対策を解説してきました。

洗濯機の寿命は約10年と言われており、長く使用していると洗濯中の異音が大きくなったり、ホース類が裂けたりと異常が発生します。

数年の年月が経った洗濯機の故障は、寿命であることが多く、修理に高額な費用が掛かる場合があります。

寿命が近い洗濯機は修理しても、他の箇所がまた故障して何度も修理することも珍しくありません。寿命が近い洗濯機は無理に修理せず、買い替えたほうがコストを抑えられる場合もあります。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク