あなたは自分自身の長所と短所を聞かれたらすぐに言えますか?
多分すぐには自分の長所などは出てきませんよね。

普段は自分の短所や長所は考えませんが、就職、転職活動の際には必ずや考えますよね?
「あなたの長所と短所はどんなところですか?」
この質問は面接では定番でしょう。

「決断力がある」「責任感がある」「行動力がある」などの長所がありますね。
物事をあまり深く考えない「楽観的」は長所か短所かどちらでしょうか?

よく長所と短所は表裏一体と言いますからね。

今回は、楽観的は短所?長所に言い換えて面接で上手く答える方法などをご紹介しますね!

スポンサーリンク

楽観的が短所だと思われる理由

楽観的は物事を深く考えずに行動するというイメージもあります。
これは面接では短所になるのでしょうか?

先ほど長所と短所は表裏一体と言いましたが、人によってとらえ方は異なります。
したがって、楽観的は短所にもなり長所にもなるのです。

楽観的には次のようなイメージがあるのではないでしょうか?

お気楽、能天気、無計画、のんきのような短所にとらえられることもあります。
これは…ビジネスシーンではマイナス要素になるかもしれません。

ビジネスシーンでは何よりも、誠実さを求められていますからね。

しかし、楽観的は長所でもありますので。言葉の使い方次第ですね。
以下、言い換え例などをご紹介していきたいと思います。

面接で短所を長所に変える答え方

面接では楽観的という言葉は使わず、言い換えて伝えましょう!

プラス思考、ポジティブシンキング、前向きな姿勢などに変えてみましょう。
これだけでも短所が長所に変わりますね。

言葉の選び方一つで印象は大きく変わりますから気をつけて選びましょう。

また、人それぞれが言葉の解釈が異なるので、楽観的とストレートに伝えるのはよくありません。
面接官によっては、マイナス評価する人もいますので、要注意です。

スポンサーリンク

長所を伝えるときに好感を持たれる言い方

「私の長所は楽観的なところです。物事を前向きにポジティブシンキングでとらえます」
「私は楽観的とよく言われますが、困難に直面してもモチベーションを向上させることができます」

楽観的という言葉を使うなら、このようにイメージの良い言葉を自分なりに付け加えていくのがいいでしょう。

自身が経験した困難を説明して、前向きに対処できたことなど話すといいと思います。
きっと面接官の人にも好感を持ってもらえるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、楽観的は短所か?長所に言い換えて面接で上手く答えられるかご紹介しました。
いかがでしたでしょうか?
短所にも長所にもなる楽観的という言葉はうまく使い分けましょう。

楽観的は小さなことに気をとらわれず、前向きな人と思う人と、無計画なのんびり屋と思う人様々です。
短所と長所は紙一重であり、言い方次第で印象はまったく変わります。

面接で自分なりに上手く伝えられるよう工夫しましょう!

おすすめの記事
スポンサーリンク