接客といえば、どんなお店でも必要になってきますよね。

特に、飲食店やショップの販売店員はとりわけ接客能力が重視されると思います。
さらに言うなら、接客能力を鍛えることさえできれば、営業職など、様々な職種に応用が利くようになります。

接客能力というのはそれだけ非常に大事なものです。
ですが、接客能力=コミュニケーション能力ではないって知っていましたか?

そこで今回は、接客業で大切なことから接客業を扱う業種の面接における注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

接客で大切なこと

接客業で大切な事と言えば、皆さんは何を思い浮かべますか?
接客業というのは、文字通り人と接するお仕事ですので、お客様との関り方が非常に重視されます。

面接でもそこを見られます。
ここでは三つ、接客のおける大切なことをご紹介させていただきます。

清潔感

一つ目は、清潔感です。

清潔感というのは、身だしなみで決まります。人間、どれだけ中身が大切と言っても、初対面の場合は外見で判断されてしまうものです。

その際、身だしなみ(髪型や服装)がキッチリと整っている人と整っていない人とでは印象は大分違ってきます。相手側に気持ちよく接してもらうためにも、清潔感は大事なんです。

笑顔

二つ目は、笑顔です。

笑顔と言えば、接客業以外でも対人関係において非常に大事なものです。
相手が笑顔だと、それだけで安心感が違いますよね?

柔らかい態度の人の方が、話しかけやすかったり質問しやすかった経験が誰しもあると思います。

そのため、笑顔が大切なんです。

挨拶

三つめは、挨拶です。
やはり、どんな物事においても挨拶は基本となります。

基本ができているということは、面接する側に好印象を与えることができます。

この人なら、きちんと働いてくれそうだと思ってもらうには、「清潔感」「笑顔」「挨拶」を心がけて面接に臨みましょう。

接客で絶対にしてはいけないこと

では次に、接客業で絶対にしてはいけないことについてです。

これも面接で見られますので、注意しましょう。

意識していても、無意識に行ってしまうことだってあると思います。
しっかりとチェックして注意していきましょう。

愛想のない態度は接客では完全NGです。

やる気のない態度だったり、小さくてボソボソした声だと相手を不快にさせてしまいます。

すると、あの店員は嫌な店員だと思われて、お店にきてもらえなくなったりとマイナスなことしか起こりえません。

採用側にそう思われたが最後、面接には通りません。

ですので、面接で緊張してたとしても、できるだけ丁寧で愛想のある態度を心がけましょう。

スポンサーリンク

面接時の注意点

最後は、面接時の注意点です。

前述したように、接客においては相手の好みを聞き出す「聞く力」も大切になってきます。大手になればなるほど、この聞く力は重視されますので、面接時も見られている可能性が高いです。

加えて、接客するということは相手の質問に対して分かりやすく答えれることが大事になってきます。
そして、相手の意図をしっかりと把握したうえで回答できる力こそがコミュニケーション能力です。

そのため、面接時は相手側の話を注意して聞く力と、質問に対する分かりやすい回答に注意していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
以上が、接客業における大切なことから面接における注意点でした。

特に接客能力を鍛えることができれば、様々なことに応用が利きますので、経験を積んでしっかりと磨いていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク