担保というと法律用語に慣れていないと、難しい言葉に思えませんか?
説明したくても言葉がうまく出てきません。

普段から使い慣れていない言葉ですから。

担保という言葉をきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか?

担保は基本的にお金の貸し借りがある場合に設定します。

担保を簡単に説明するとお金を返せなくなったときに代わりに渡すもののことです。
また担保は人的なものだったり、物的なものだったりもします。

今回ご紹介しますのは担保の意味についてです。
正しい使い方についても調べてみました。

スポンサーリンク

担保とは?そもそもの意味は?

担保という言葉は知っていても意味は説明できない。
そんな人は多いかと思います。
担保の意味について辞書で調べると、かなり難しく書かれています。

債務不履行の際に債務の代済を確保する手段としてあらかじめ債権者に提供しておくもの。
質権、抵当権などの物的担保と保証人などの人的担保があると書かれています。

債務(さいむ)とはお金を返す義務のことで、履行(りこう)とは約束をちゃんと果たすことです。
また、債権者(さいけんしゃ)とはお金を貸している人のことを言います。
お金を借りている人のことを債務者(さいむしゃ)と言います。

簡単に言えば、担保とは保証を意味しているようですね。

担保と保証、補償の違い

では、担保と保証、補償の違いはあるのでしょうか?

担保とは

お金を貸した人(債務者)が債務を履行しない場合に備えて予め債務者に提供されるもの。
債務の弁済を確保する手段となるものを言い、簡単には不利益に備えることです。

保証とは

保証とは不利益などが起こらないように保護し、責任を持つことです。

補償とは

補償には補い償うという意味があり、与えた損害を金銭などで償う場合を補償と言います。

スポンサーリンク

「担保する」「担保される」日本語として正しい?

担保する担保されるという言葉は日本語としては正しいのでしょうか?
少し違和感がありますが、実際には使われています。

「担保する」という表現の仕方は近年ビジネス記事でも使われています。
将来に備えて準備することとして使うようです。
政治家さんもよく使われています。

担保する=保証するという意味の法律用語のようです。

例えば、ビジネスシーンでは以下のように使われています。

・利便性を損なわないようにセキュリティを担保する
・成功したプロセスの再現性を担保することが重要
・経営の独立性を担保するための合意文書を作成した

安全は担保されるという言葉を聞きますが…
意味は、安全は保証されるということです。

法律用語は一般的な意味とは異なり用いられることがあります。

まとめ

今回ご紹介しましたのは、担保の意味についてでした。
いかがでしたでしょうか?
意味合いは理解していても説明しようとしたら難しいですね!
担保と言えば抵当であり、借金のイメージが強いですから…

特に法律用語は、私たち一般人は普段は使わないので難しいです。

安全は担保される、セキュリティを担保するなど聞きなれないですが…
実際にビジネスシーンでも使われているようです。

担保するは保証する、保持するなどの意味合いを含めて使われているようです。
法令などの文書には使われますが、やはり聞き慣れませんね。

おすすめの記事
スポンサーリンク