テクノロジーや工業関連のニュースでよく耳にする「自動化」と「自働化」という言葉があり、意味の違いを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

日本語には似た意味の言葉が多く存在します。

例えば「誤ち」と「過ち」や他にも「意思」と「意志」などの言葉は、口で言うには意識せず使用しますが、いざ文字にするとどっちの漢字が正しいのか判断に困りますよね。

この記事では「自動化」と「自働化」意味と使い方の違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

「自動化」と「自働化」の違い

このように同じ発音で異なる意味を持つ言葉を同音異義語と呼び、「自動化」「自働化」も同音異義語の一つです。

動・働という漢字の意味が異なるように「自動化」と「自働化」は全く違う意味を持ちます。

動・働という漢字を人に当てはめると「動く」「働く」という違う意味の言葉になり、そして「動く」「働く」という言葉を機械にも当てはめた言葉が「自動化」「自働化」となります。

「自動化」は人の動きを機械にさせるという言葉で、「自働化」は人の働きを機械にさせる言葉です。

機械に求められるのは「自働化」

「自働化」という言葉は機械に連続した単純作業をさせるという意味ではありません。

二次産業や工業の業界で求められているのは「自動化」ではなく「自働化」です。

自働化という言葉には、機械にも単純作業だけでなく、人のような働きをさせようというという狙いがあります。

例えば、レーン作業中に品質の異常が発生すればレーンを停止させることや、危険な事故や災害が発生すると作業を停止させるなどの働きをさせることで、作業者や管理者の負担を軽減することが出来ます。

スポンサーリンク

さらなる「自働化」の発展

「自働化」は産業機械の進歩によりさらなる発展をしています。

これまで機械に求められる「自働化」は不良品や異常を発見すると停止するというプログラムでしたが、現在では不良個所の修正や排除を機械自らが判断して実行するようになりました。

機械が判断し行動することで、これまで必要だった人の管理を省くことができ、作業員の負担を軽減できます。

「自働化」の利点は負担や人員の削減だけでなく、人為的なミスを減少させることが出来るため製造ロスを削減でき、さらには機械が管理することで品質の向上にも繋がります。

まとめ

「自動化」と「自働化」の意味や使い方の違いについて説明してきました。
動・働という漢字の意味が異なるように「自動化」と「自働化」は全く違う意味を持ちます。

「自動化」は人の動きを機械にさせるという言葉で、「自働化」は人の働きを機械にさせる言葉です。

「自働化」という言葉は二次産業や工業の業界でよく使用される言葉で、「自働化」の発展は人の負担を減らすだけでなく、製品ロスの削減や品質の向上に繋がります。

ぜひ「自働化」という言葉のニュースや新聞を見つけたら注目してみて下さい。
工業関連の話題をより深く知ることができますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク