吊るし雲ってご存知ですか?

テレビの天気予報を観ていたら、「関東南部で巨大な吊るし雲が出現」というニュースをやっていました。

吊るし雲って何?知らなかったので、早速調べてみました。

スポンサーリンク

吊るし雲とは?

吊るし雲は、高い山の風下に現れる雲のことです。
普通の雲は上空の風に乗って流れますが、吊るし雲は一度
出現するとほとんど動かず、同じ場所にとどまります。

その様子が「吊されて」いるように見えることから「吊るし雲」と呼ばれています。

吊るし雲ができるメカニズム

吊るし雲は上空の強い風が高い山を越えたり、回り込んだりするときに、風下側で空気の波が起こり、風が上昇している部分でできます。


・出典:ウェザーニュース

吊るし雲は、レンズ雲、笠雲(かさぐも)と同じ種類の雲です。

吊るし雲は以下の状況の時に発生しやすくなります。
・上空の風が強い
・湿った空気が存在する

スポンサーリンク

吊るし雲の動画集

YouTubeにアップロードされている吊るし雲の動画を集めてみました。

UFO型吊るし雲と富士山 UFO

富士山とラピュタのような巨大な吊るし雲

富士山 笠雲と吊るし雲

青森県で吊るし雲が発生

福島県で燃えるような「吊るし雲」が出現

おわりに

吊るし雲について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

雲というのはいろんな形に姿を変え、ずっと見ていても飽きませんが、吊るし雲は不思議な気分にさせられます。

ちなみに、「吊るし雲」は天気が下り坂のサインだそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク