タイムラグがあるので、自分の望んだ時間に入金が確定するとは限らない。

最近では、インターネットの普及はもとより、メルカリや楽天フリマやヤフオク等々、ネットバンクを利用する人がかなり増えたと思います。

個人事業主さんなど、実働以外に月々の支払いなど、月末や支払い日になるたんびに実際に銀行に行って振り込んだりするのは、かなり骨の折れる作業だったりします。

振り込み依頼をした以上は、もう支払ったことになってるんで、支払いが遅れたことになったりはしませんが、ヤフオクなどの個人間取引なんかだと、「振り込みましたー」ってメッセがあってもすぐに反映しなかったりして、振り込みが確認出来ずトラブルになったりもします。

幸い個人的にはそんなこともなかったのですが、意外にそういった話は聞いたりします。

振込先の銀行と振込元の銀行のタイムラグによるものなので仕方ないといえば仕方ないのですが、給料の振込も銀行によっては振り込まれていなかったりして、奥さんがヒヤヒヤしたりもしますw。

そんなトラブルを回避するためにも銀行振込が相手の銀行口座に反映される時間をおさえておきたいと思います。

スポンサーリンク

ネット振込が受取人の口座に反映されるのはいつ?

最近はリアルタイム送金ができる銀行も増えてきました。これってなにげにすごいですよね。ということで、今回はそんな銀行振り込みについて少し触れてみたいと思います。

2018年10月9日に全銀ネットが24時間365日いつでも他行口座への振込に対応した新システムを稼働させました。これはモアタイムシステムといい、銀行間で即時振込が可能となります。

モアタイムシステムとは?

モアタイムシステムとは、銀行間での送金可能時間を延長するために作られたシステムです。
以前は銀行間の送金は、平日の8:30~15:30に制限されていましたが、最大で24時間365日、いつでも振込みが可能になりました。

モアタイムシステム対応の銀行

モアタイムシステムに参加している銀行は105行(執筆日時点)。
ただし、モアタイムシステムに参加している銀行であっても、24時間365日の振込みに対応しているとは限りません。

21時までしか対応していない銀行や曜日によって振込みできる時間は各行で異なります。

大手銀行のモアタイムシステム対応時間

・三井住友銀行 月曜日:7:00~24:00
火~土曜日:0:00~24:00 日曜日:0:00~21:00
・三菱UFJ銀行 0:00~24:00
・りそな銀行 0:00~24:00
・楽天銀行 0:00~24:00
・ゆうちょ銀行 0:00~24:00

※みずほ銀行は現時点でモアタイムシステムに参加していません。

・参考サイト:モアタイムシステム参加金融機関一覧|会社案内|全国銀行資金決済ネットワーク

普通の銀行の場合、前日の15時から翌朝8時59分までに振込処理をした場合は、基本的にその日の9時に入金が確認出来ます。

例外としては、やはり月末とか、企業の給料日とかが重なると、少しズレがでたりもするそうです。が、基本的には9時の時点で反映されてます。

インターネットバンキングの振込で注意すべき点

これは、窓口やATMで振り込んだりする場合もそうですが、時間内であれば、基本的には銀行の営業開始時間後すぐに反映されます。

ですが、やはりぎりぎりだと処理の問題上翌日扱いになったりもするので、(窓口でなら、そういった旨をつたえてくれる)個人間の取引なら一言添えたりするのが、なんやかんやいっても一番いい方法だと思います。

個人事業主さんや企業さんなどは、原則として給料日の午前10時ころまでに払い出しを可能にするということが労働基準監督署から指導が出たりしているので、給料については概ね安心ですし、払う方は最優先しないといけませんね。

万全を期したい人は、取引銀行に問い合わせるといいでしょう。

スポンサーリンク

ネットでリアルタイム振込はできる?

リアルタイムでの振り込みは、モアタイムシステムに対応しているネットバンクなら、リアルタイムで反映されます。
ちなみに導入銀行は>>>こちらを参考に<<<

まとめ

同じ銀行同士なら、ほぼリアルタイム。
モアタイムシステム導入銀行なら、ほぼリアルタイム。

前日15時から翌朝8時59分までの手続きなら、当日の9時は反映。
といった感じです。

ですんで、あらたにネットバンクの口座開設を考えているなら、このモアタイムシステムの導入銀行か、どうかも調べてから決めるのもいいですね。

といっても、聞いたことのある銀行なら、もうほぼほぼ導入されてたりもします。
ネットバンキングを利用した振込は多くの場合、リアルタイムと考えておけばいいでしょう。

おすすめの記事
スポンサーリンク