みなさんはエゴサーチをしたことがありますか?

芸能人がよく自分をエゴサ(エゴサーチ)するっていいますよね。
芸能人などの誹謗中傷被害が多発しているのが原因のようです。

エゴサーチとは自分や会社などが世間からどう見られているか検索できるシステムです。

自分の名前やハンドルネームなどを検索して評価がチェックできます。
今回ご紹介しますのは、このエゴサーチについてです。

一般人のエゴサーチのやり方について情報発信していきたいと思います。
またエゴサーチのメリット・デメリットもご紹介しますね。

スポンサーリンク

エゴサーチのやり方

エゴサーチのやり方はグーグルの検索エンジンに自分の名前を入力するのが代表的です。

最近では、Twitterでのエゴサーチが主流で、上部の検索窓に関連するキーワードを入力するだけ。
例えば、企業の名前などを入力して、投稿をサーチできます。

同様に、インスタグラムでエゴサーチのやり方は、インスタグラムの検索窓に入力。
調べたい検索キーワードを入力してください。

もちろんですが、LINEでもエゴサーチできます。

そのためにはIFTTTというアプリをダウンロードしないといけません。
IFTTTのアカウントを作成してTwitterとLINEを連動させます。

Twitterでささやかれた内容がLINEで通知されるイメージですね。
ほぼリアルタイムでエゴサーチができます。
IFTTTのアプリ内でエゴサーチしたいキーワードを設定することで自動に通知されます。

詳しくはこちらのページが参考になります。

一般人がエゴサーチする意味はある?

エゴサーチって芸能人と著名人のためかと思いましたが…
最近では、一般人もエゴサーチはするようです。

SNSの浸透により企業の経営者などが自社評価の確認で検索するんです。

一般人がエゴサーチするのは主に自社評価の確認のようですね。
貴重な意見が投稿されていますからね。

ちなみにですが、ホントに一般人がエゴサーチする場合もあります。
興味本位で自分の名前を検索したなどという声があります。

Twitterやfacebookの自分の名前で検索したら、こっそり悪口を言われていたとか、陰で誹謗中傷されていたなど、エゴサーチをして見つかることがあります。

あなたも一度やってみてください。

以下のツールを使えば、簡単にチェックできます。

どんな結果が表示されるか?ちょっと怖いかもしれませんけどね。

スポンサーリンク

ネット誹謗中傷チェッカー【お名前検索ツール】

「ネット誹謗中傷チェッカー」は匿名掲示板やSNS上の名前検索が簡単にできるツールです。
ネット誹謗中傷チェッカー|お名前検索 |

使い方は簡単で、検索ワードの欄に自分の名前を入れるだけ。
5ちゃんねる、2ちゃんねる、twitter、Facebookなどを検索できます。

エゴサーチのメリットとデメリット

では、次にエゴサーチするメリットとデメリットをご紹介します。
まずはメリットからご紹介します。

世間からの自分(自社)の関心度がエゴサーチで分かるのはメリットですね。
SNSで自社が投稿されているなどしたら、関心度が伺えます。

自社に対しての正直な意見が聞けるのも、やはりメリットですね。
自分達ではなかなか気づかないような意見もあります。
エゴサーチでリアルな声が聞けるのはありがたいことです。

会社や経営者はリアルな反応を知りたいでしょうかからね。
これは改善点につながりますから、メリットですね。

エゴサーチでの意見を参考にして、新たな商品を開発できます。

そしてデメリットとしては、やはり中傷的な意見ですね。

エゴサーチに意見投稿は顔が見えないし、ある意味で言いたい放題ではあります。
ネガティブな意見もたくさんあります。
誹謗中傷は、ネット社会の闇と言われる部分でしょうか…

まとめ

今回ご紹介しましたのは、一般人のエゴサーチについてでした。
いかがでしたでしょうか?
エゴサーチは一般人はしないものかと思っていましたが、違うんですね。

会社の評価を知る上ではエゴサーチはとても役に立ちますね!

今はSNSの浸透により、自分の会社が周りからどう評価されているか確認のエゴサなんですね。
その半面でネットでの風評被害も多発しているのは事実ですね。

いずれにしろ、SNSというのは怖いですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク