長い人生の中で若さと活気溢れる20代。
新社会人となり1人暮らしを始める人が多いのもこの頃です。

いざ1人暮らしを始め、慣れてくると気になるのが節約と貯蓄です。

「貯金は始めたいけど何を節約すればいいのだろうか。」
「水光熱費と通信費を抑ればよいのだろうか」
「月○万円は貯蓄に回したい」

などと考える人は多いはずです。

そこで今回は20代1人暮らしでもできる貯蓄と節約術についてご紹介します。

スポンサーリンク

20代1人暮らしの平均貯金額と支出

実際20代の平均貯蓄額と支出はどの程度なのでしょうか。

金融広報中央委員会の家計の金融行動に関する世論調査(2019年)によると、20代の平均貯金額は106万円となっています。

月額で見るとおよそ8万8000円ずつ貯蓄していることになります。
金額としては結構な額を貯蓄に回していますね。

ただし、年収によって違いがあります。

• 平均年収が300万~500万未満は167万円
• 平均年収が500万~750万未満は498万円
と、年収により違いがあることがわかります。

職種により違いがありボーナス支給の有無も考慮すると、実際はそれぞれの状況により差が生じています。

また、年収区分が300万未満の場合は54万円と少ないです。

ここまでの数値は平均値ですが、さらに中央値で見ていくと

• 平均年収が300万~500万未満は50万円
• 平均年収が500万~750万未満は145万円

と低くなり、年収300万未満の場合は1万円とほとんど貯蓄ができていない事がわかります。

こうして見ていくと気になるのが支出です。

総務省の2019年のデータによると、20代の男女の一人暮らしにかかる費用は14万円~15万円という調査結果があります。

20代の平均年収が267万円である事を考えてみましょう。
すると、およそ月収が22万~23万から14万~15万を差し引き、7万~8万円手元に残るといったところでしょうか。

実際、給与は年金や社会保険が差し引かれるため、手取りとしては17万~18万前後で生活費用を賄っていることになります。

ここまでをまとめてみると、

• 20代の平均年収は267万
• 20代の1人暮らしにかかる費用は14万~15万
• 年収が300万未満の平均貯蓄額は54万円、中央値でみると1万円

これらを踏まえ、次の項目では具体的な節約術について解説します。

生活費で見直すポイントと節約術

20代の平均支出額が14万~15万ということは気になるのがその内訳です。

大体は以下の支出です。

• 家賃
• 水光熱費
• 食費
• 携帯・パソコンなどの通信費

4つの項目に分けられるのではないかと思います。

それぞれの節約術をご紹介します。

水光熱費→使用目的を明確にして節約

毎日生活するために使用する水光熱費は使用目的を明確にすると、使用料金を抑える事ができます。

例えば、

水道→炊事・洗濯・お風呂・トイレに使用するときに使うと目的を決めておくと、余計に使用せずに済みます。

電気・ガス→同様に炊事・家電品を使用するときに使うと目的を決めておくと、必要な時に使える様になります。

具体的には。
・テレビ→視聴番組を決めておく
・電気→暗くなってから点ける。付けっぱなしはなくす

などです。

同様に、エアコンなどの冷暖房も使用する時に使う事で節約できます。

食費→外食を控えスーパーなどのセールを有効活用する

食費は外食の頻度の見直しやスーパーなどのセール情報を入手する事で抑えられます。

具体的には、

外食→回数が多いなら減らす。
買い物→行く前に購入する食品を決めておき、セール品の情報を探す。

まずは手始めに1ヶ月当たりの食費がどのくらいかかっているか、レシートを使い計算してみると大体の目安が分かります。

家計簿などを使うのも効果的です。

通信費は内容の見直しで利用料を減らす

携帯に支払っている使用料は内容を見直す事で
支払い料を削減できます。

具体的には、

携帯→契約している会社の契約内容が見合っているか確認し、見合っていないなら料金プランを変更する。

わからない場合は携帯の販売店に相談してみましょう。

家賃は賃貸契約の満了前に物件を探す。

家賃については一番節約が難しいです。
しかし、最近は敷金・礼金0円で入居できる物件など情報も豊富です。

契約期間の満了前に自分の生活状況と予算に見合った物件を探すことで家賃負担を軽減できる場合があります。

詳しくは不動産会社に相談してみてください。

スポンサーリンク

手取り20万で毎月5万円貯蓄する方法

節約術が見えてきたところで例えば、手取り20万で5万貯蓄するには
生活費用はどの程度に抑えると良いのでしょうか。

ここではホームズの手取り20万の生活シュミレーションを参考にします。

家賃 60,000円 
水光熱費 12,000円  1日あたり400 
食費 25,000円  1日あたり833 
通信費 12,000円 
日用品 3,000円  1日あたり100 
衣料品 8,000円 
交際・娯楽費用 20,000円 
雑費 4,000円 
保険 6,000円 
貯金 50,000円 
合計 200,000円 

この表を元に現在かかっている費用を見直していくと、
月5万円・1年で60万円貯蓄する事ができます。

まとめ

若さと活気のある20代。
実は将来を見据えた貯金を始めやすい世代でもあります。

まずは自分のできる節約と貯金から始めてみましょう。

今回の記事が参考になると幸いです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

おすすめの記事
スポンサーリンク