「マツコの知らない世界」に出演した振付師の三浦亨(みうら とおる)さん。
松田聖子、中森明菜など80年代アイドルの振り付けを2000曲以上担当した人物です。

再ヒットした荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」も三浦さんの振り付けだったことをご存知でしたか?

三浦亨さんとは一体どんな人なのか?その経歴を調べてみました。

この投稿をInstagramで見る

 

三浦亨(@sanpuheng2)がシェアした投稿

・画像引用元:三浦亨Instagram

スポンサーリンク

三浦亨さんの経歴

・生年月日:1946年
・出身地:宮城県
・学歴:宮城県石巻高等学校、日本大学芸術学部演劇学科卒業

ダンサーとしてデビューしたのは1970年。
1973年に天地真理「恋する夏の日」で振付師としてデビューしました。

以降、キャンディーズや80年アイドルの二大巨頭・松田聖子さんや中森明菜さんの振り付けを手がけました。

1985年からはおニャン子クラブの振り付けを担当。
2008年には『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニット羞恥心の「羞恥心」の振り付けも三浦さんの手によるものです。

三浦亨さんの主な振り付け作品

・天地真理「恋する夏の日」(1973年)
・キャンディーズ「年下の男の子」(1975年)
・松原みき「真夜中のドアSTAY WITH ME」 (1979年)
・榊原郁恵「ROBOT」(1980年)
・松田聖子「裸足の季節」(1980年)
・早見優「急いで!初恋」(1982年)
・堀ちえみ「稲妻パラダイス」(1984年)
・中森明菜「十戒 (1984)」(1984年)
・アン・ルイス「六本木心中」(1984年)
・荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」(1985年)、「六本木純情派」(1986年)
・本田美奈子「Oneway Generation」(1987年)
・森高千里「ザ・ストレス」(1989年)
・とんねるず「ガラガラヘビがやってくる」(1992年)
・ピチカート・ファイヴ「イッツ・ア・ビューティフル・デイ」(1997年)

スポンサーリンク

三浦亨さんのまとめ

数々のアイドルの振り付けを手がけてきた三浦亨さん。
70代半ばを超えた今も元気に活動されているようです。

昭和歌謡曲が若者に注目されている今、三浦さんは再び評価されそうですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク