田舎への移住が近年注目されており、TV番組でもたびたび取り上げられています。

自然に囲まれた住宅で、のびのびとしたスローライフには憧れますよね。
そんな田舎への移住を自治体が募集しており、支援してくれることはご存じですか?

今回は、知って得する限界集落への移住支援について解説します。

スポンサーリンク

限界集落ってなに?

限界集落とは、少子高齢化の影響から、住民の半数以上が65歳を超えている集落のことです。
同時に公共機関や病院などの機関が少ないのが特徴で、全く機能していない地域も存在します。

しかし、車を保有していれば生活に不自由がない地域もあり、そういった集落には田舎暮らしのため移住して来る人も多く見られます。

自治体が移住者を募集して移住を支援している

限界集落の約5%が10年以内に消滅すると言われており、各自治体は集落を消滅させないため、新たに移住してくる人に対して支援を行なっています。

自治体ごとに支援の内容は異なりますが、長く住む契約をすれば土地や住宅を無償譲渡してくれる自治体や、上限付きではありますが、数万円の家賃補助や、中古住宅の購入や新築の購入に数百万の支援をしてくれる自治体も存在します。

スポンサーリンク

限界集落に住むメリットを紹介!

限界集落にはいろんなメリットがあります。

豊かな自然を感じられる

都会ではなかなか感じられない海や山間部ならではの大自然を味わうことができます。

物価や家賃が安い

自治体は空き家を貸し出すことで、家の管理して貰う目的があるため、安く借りられる家が多いです。
家というものは誰も住んでいないと、廃ってしまいます。

空き家にも定期的な管理が必要なので、誰かに貸し出して住んでもらった方が、自治体にとってもメリットがあり、安く貸している空き家が多いです。

通勤ラッシュのストレスがない

限界集落ともなれば人口も少なく、さらに車も少ないので通勤ラッシュに巻き込まれることはほぼ無いでしょう。

人手不足で意外と働き口が沢山ある

都会のように多種多様な仕事はありませんが、人口が少ないということは競合相手も少なく、周辺の会社は人手不足ということが多いです。

そのため、仕事は意外と簡単に見つかります。

まとめ

限界集落に住むメリットについて解説してきました。

限界集落の約5%が10年以内に消滅すると言われており、各自治体は集落を消滅させないため、新たに移住してくる人に対して支援を行なっています。

支援の内容は自治体ごとに異なりますが、家賃補助や、空き家と土地の無償譲渡や、住宅購入に際して補助金をくれる自治体もあります。

自治体からの補助の他にも限界集落に移住するメリットは沢山あり、物価や家賃が比較的安く、人口が少ないので渋滞もありませんし、働き口に困ることも少ないです。
そしてなにより田舎なので雄大な自然を感じることができます。

限界集落への移住を検討している方は、ぜひ自治体ホームページを覗いてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク