日本の天皇家は皇室と呼ばれますが、国王や女王がいる国では王室と呼ばれます。

そもそも皇室と王室は何が違うのか?
そんな疑問を持ったことはありませんか?

一見、似ているようにもみえる日本の「皇室」と海外の「王室」。
実は明確な違いがあることをあなたは知っていますか?

では、早速説明したいと思います。

スポンサーリンク

日本の皇室

天皇家のルーツは、天照大神(あまてらすおおみかみ)と言われています。

天照大神(あまてらすおおみかみ)は、八百万の神々で最高位に君臨する最高神で、天皇の祖神です。

つまり、天皇を含めた皇室の人たちというのは、天照大神からの流れをくんでいる人たちで、天皇というのは、その子孫でないとなれないとされています。

王室とは?

皇室が天照大神の血を受け継ぐ人物によって受け継がれてきたのに対し、外国の王室はそうではありません。

その国の中で戦があるたびに、勝利を収めた者が国の頂点である王となって国を治めてきました。

かつてのフランスのように何世代も世襲で受け継がれてきた王室もありますが、違う民族に倒されたり、他国との戦いに敗れて王が変わったりしてきました。

したがって、それぞれの王は血筋や出自が異なります。

これが一貫して同じ血筋で受け継がれてきた日本の皇室との明確な違いなのです。

スポンサーリンク

皇室と王室の役割

日本ではこれまで、ずっと天皇を頂点とした皇室があったにもかかわらず、政治の実権を握ってきたのは、鎌倉幕府や江戸幕府など時の将軍となった人物でした。

そして、民主国家となってからは総理大臣を超とした政治家が国を治めてきました。

これは諸外国も同じで、王室ではなく、大統領や首相が政治の実権を握っています。

ちなみに、天皇や王は君主とも呼ばれ、君主が存在する国家を君主国、君主が存在しない国家は共和国と言います。

君主制とは?

では、君主制とはどんな制度なのでしょうか?

君主制とは、一人の支配者が統治する国家形態で、君主が唯一の主権者である体制をいいます。

ちなみに、君主制には絶対君主制と立憲君主制があります。

絶対君主制と立憲君主制の違い

絶対君主制は君主が絶対的な権力を持つ政治体制のことです。

具体的には、サウジアラビアやオーマンなどが絶対君主制国家にあたります。

一方、立憲君主制は君主の権力を憲法によって制限している政治体制です。
日本も立憲君主制国家です。

代表的な国は議院内閣制を導入したイギリスで、世界における民主主義国家のモデルとなっています。

イギリスの王室と日本の皇室の違い

イギリスと日本は同じ立憲君主制国家ですが、イギリスの王室と日本の皇室には違いがあります。

代表的な違いは私有財産の有無です。

日本の皇室は第二次世界大戦以降、財産を持つことは禁じられていますが、イギリス王室は私有財産を持っています。

ちなみに、エリザベス女王の純資産は5~6億ドル(日本円でおよそ550億円から660億円)だと言われています。

王室メンバーは莫大な不動産も所有しており、大富豪でもあるのです。

これが私有財産を持たない日本の皇室との最大の違いです。

ヨーロッパには莫大な資産を持つ国王が多く、ベルギーのフィリップ国王は約14億、スペインのフェリペ6世国王は約22億円、スウェーデンのカール16世グスタフ国王は約77億です。

おわりに

日本の皇室は、天皇の血族で、完全な世襲制です。
どんなに権力を持っていても、天皇や皇族にはなれません。
(民間から嫁いだ美智子皇后や雅子妃殿下は例外です)

一方、海外の王室の多くはその時代に実権を握った人物の家系です。

このように日本の皇室と外国の王室は似ているようでまったく違うものなのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク