広告などのチラシを、ただ捨てるのはもったいない!

新聞をとっている方は、読み終わった新聞紙や、新聞に入っているチラシはどうしていますか?

新聞を購読していなくても、郵便受けに広告チラシがよく入っていますよね。

家にたくさんたまっている!という方やそのまま資源ごみに出している!という方もいるのではないでしょうか。

そんな古新聞やチラシを家で有効活用してみませんか?

スポンサーリンク

新聞紙で作るゴミ箱YouTube動画3選(解説付)

レジ袋が有料になりましたね。

私の住んでいるところでは、市町村の指定のゴミ袋は無く、 レジ袋OKなのでゴミはレジ袋で出しています。

まだ、レジ袋のストックはあるのですが、レジ袋有料化にともない、買い物に行くときは、エコバックを持って行くので、レジ袋のストックがなくなると、当然ごみ袋も買わなくてはいけません。

または、買い物へ行ったときにお金を払ってレジ袋をもらうなんて方もいるかもしれませんね。

そこで、ポリ袋は無駄に使わず、古新聞を有効活用する新聞紙で簡単に作るゴミ箱(袋)を紹介します。

①簡単エコ!新聞で作る使い捨てゴミ袋【ビニール袋激減計画】

たった6折り!とても簡単なゴミ袋。

②新聞紙1枚で作るゴミ箱

マチがあるのでしっかりと自立します。

③中サイズの新聞紙ごみ袋の作り方

これは子供のころに折り紙で折った『コップ』の折り方ですね。この折り方もしっかりゴミ袋として活用できます。

チラシで作るゴミ箱YouTube動画3選(解説付)

よく郵便受けには、広告チラシが入っていますね。私は捨てないでとってあります。

チラシでは、少し小さめの箱を作って、テーブルの横にちょっと置いておけば、お菓子の包装紙、ミカンの皮や、枝豆、魚の骨などのちょっとしたゴミを入れられます。

あとは、そのままゴミ箱へポイっとできて楽チン経済的。

また、夏の暑い時期、生ごみの臭いが気になりますよね。
生ごみの臭いの原因は増殖する雑菌なのです。雑菌は水分を好む傾向があります。

チラシ(新聞紙)は水を吸ってくれるので、生ごみをチラシ(新聞紙)で包んで捨てると、生ごみの嫌な臭いをセーブすることができます。

①簡単!チラシでゴミ箱作り

箱の基本の折り方みたいですね。馴染みのある簡単な折り方。

②チラシで作る卓上くず箱

水気の少し多いものを入れるときは、この動画に使用しているような、つるつるの固い材質の広告が良いですね。

③チラシで簡単!深めのゴミ箱の作り方

チラシには、大きいものもあれば、小さいものもあるので、大小様々なゴミ入れができます。
少し小さいものはテーブルの上に、ちょっと大きなものは、キッチンの近くにおいておけば生ごみを捨てるときに便利です。

スポンサーリンク

新聞紙で卓上ゴミ箱YouTube動画3選(解説付)

新聞紙で作るちょっとおしゃれな卓上ごみ入れ。
中に入っているゴミが見えにくいという利点があります。

似たような形のゴミ箱だけど、折り方にもいろいろありますね。

最初は3つとも折り方が難しいんじゃないの?なんて思っていましたが、意外と簡単に作れるようですね。
小さいお子さんがいるご家庭は、一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

新聞紙やチラシはスリムに折りたたんで収納しておけるものもあるので、作り置きしておけば使いたいときにすぐ使えて便利です。

私は、車で使うゴミ入れにずっと悩んでいました。
ゴミ箱を置くとゴミが入ってなくてもずっとゴミ箱の存在があるので邪魔になる!とゴミ箱は置かずにいました。

でも、やっぱりちょっとしたゴミが出るのでしかたなく、レジ袋をそこらへんに引っかけて使っていましたが、見た目が…。

新聞紙で作るゴミ袋を紹介しましたが、これをチラシで応用すると、少し小さめのスリムなゴミ袋ができるのでサイドポケットなどに差し込んでおける!見た目にもスッキリ!ということに気が付きました。

新聞紙やチラシのゴミ箱は、家の中だけではなく、車の中や、キャンプなど外でも活躍できそうですね。

おすすめの記事
スポンサーリンク