医者の仕事着と言えば白衣ですね。
ところが、手術着は白ではなく青や緑です。

なぜ手術の時だけわざわざ青や緑の手術着に着替えるのか?
不思議に思ったことはありませんか?

実は、これには深い訳があったんです。

スポンサーリンク

手術着が青や緑なのは失敗しないため

実は手術着が青や緑なのは、失敗しないためなんです。

失敗しないって?

ドクターXの大門未知子の決めぜりふみたいですね。
「私、失敗しないので」

ちなみに、大門未知子の手術着は確かに青緑です。

なぜ失敗しないために青緑の手術着を着るのか?
その理由を説明したいと思います。

昔は手術着は白だった

手術着は昔は白でした。
しかし、白には問題がありました。

というのも、医者は手術の時、大量の血を見ながら執刀します。
血は赤色ですが、もし周りのスタッフが白い手術着だと、医者の視覚に青や緑の残像が残ってしまうのです。

そうすると、目が慣れるまで手術をストップしなければなりません。
緊急を要する手術でいちいち手を止めていられません。

医者は手術中ずっと赤い血の色を見ています。
すると、赤を見分ける力が徐々に弱まり、血管などの手術でミスを犯す可能性が出てくるのです。

スポンサーリンク

人間の目は見ている色とは反対の色をつくり出す

人間の視覚には「補色残像」という現象があります。
これは同じものをずっと見ていると、反対の色の残像が見えるというものです。

赤の補色(反対色)は青と緑。
赤をずっと見たあと白を見ると、青緑色が現れてきます。

白いところに青や緑がちらつくと、手術に集中できなくなり、手元が狂う危険もあるのです。
そこで、失敗しないために、白ではなく青緑色の手術着を着るようになったのです。

青緑の手術着にはリラックス効果もある

手術というのは、医者も患者も大きな緊張をともないます。
青や緑にはリラックス効果があるため、緊張をほぐしてくれるのです。

特に医者は血を見なければなりません。
血の赤には興奮作用があるため、青や緑を見ることで心が落ち着きます。

大きな手術は長時間に及び、医者は目を酷使します。
緑色には目の疲れを和らげる効果があるため最適なのです。

まとめ

いかがでしょうか?
手術着がなぜ白ではなく青緑色である理由がわかってもらえたと思います。

それにしても、手術を失敗しないためというのは意外だったのでは?

最近は病院内に青や緑の内装を取り入れることも増えてきています。
色の効果というのはあなどれないものですね。

おすすめの記事
スポンサーリンク