地震や台風に襲われたとき、困るのが停電。
真っ暗闇の中で夜を過ごすのは不安で怖いものです。

そこで、知っておきたいのが緊急時の明かり確保。
身の回りのもので手作りすることができます。

スポンサーリンク

懐中電灯とペットボトルで簡易に作れるランタン

停電時に役立つ懐中電灯。暗い場所を照らすことはできますが、照らせる範囲が限定されてしまうという欠点があります。

そんな時に役立つのが、ペットボトルです、

懐中電灯のライト部分を上向きにして置き、その上に水の入ったペットボトルを乗せてください。
すると、光がペットボトルで乱反射するので、広範囲を照らすことができるようになります。

水はペットボトルいっぱいに入っている状態にしておきましょう。

サラダオイルを使った手作りランプ

用意するのはガラスコップ、サラダオイル、アルミホイル、ティッシュペーパー。

サラダオイルは少量で長持ちし、5g程度で3時間持ちます。
食用油の温度は常温なので、コップが倒れても油に火がつくことがないという利点もあります。

スポンサーリンク

使い終わった天ぷら油で作れるランプ

空き缶に廃油を入れ、ダンボールの芯を入れるだけで非常時のコンロとして使えます。

缶詰とバターで簡単に作れるロウソク

オイル漬け缶詰やバターはロウソク代わりになります。

製品の種類や芯の作り方で耐久時間が変わりますが、2〜4時間は持ちます。

まとめ

ということで、停電時に役立つ明かりを手作りする方法をご紹介しました。

どれも身近にあるものばかりなので、いざというときのために作り方をチェックしておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク