同棲というと、大好きな恋人と一緒に暮らせるという凄くウキウキして幸せなことです。
また新婚カップルにとっても新しい生活は心躍るものだと思います。

とはいえ、いざ東京で暮らすとなった時に一体どれくらいの生活費がかかるのか?
とても気になるところですよね。
今回は東京で同棲、新婚カップルが暮らす場合どれくらいの生活費がかかるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

二人暮らしの生活費は最低いくら必要?

フリーターや学生同士で、2人の手取りが15万くらいと想定します。

そこから15万以内で生活しようと考える場合、かなり節約を頑張らないといけません。

そうなると出来るだけ家賃の安いところを探したいですよね。

東京都内で家賃6万以下で探した場合、多くはないですが少し古い2Kや2DKの部屋もあることはあります。
また23区外だと2LDKの比較的広い部屋を探すことも可能です。

では、生活費15万と考えた場合の内訳を見てみましょう。

生活費15万円の場合
★家賃・・・60,000円
★食費・・・30,000円
★水道光熱費・・・12,000円
★携帯代・・・20,000円
★日用品・・・5,000円
★交際費・・・15,000円
合計142,000円

かなり切り詰めた生活費となってしまいますね。

食費3万ということは1日あたり2人で1000円となり、外食はほぼ無理なレベルです。
またこれ以外にも車などのローンがある場合更に切り詰めた生活となります。

女性なら月々の化粧品代や美容代など、自分の好きなものにあまりお金が使えなくなるかもしれません。
男性も趣味などにお金を使うのを少し我慢しないといけなくなりそうですね。

二人暮らしの生活費で節約できること

自炊する

外食を控えて自炊することで食費を大幅に節約することができます。

毎日自炊するのは大変な場合は総菜などを買って、ご飯だけ家で用意するだけでも節約になります。
また、2人で料理したりするのも楽しくていいですね!

作り置きをすれば毎日の負担を減らせるだけでなく、電気代・ガス代も節約できます。

生活リズムを同じにする

働いている時間などの関係で生活リズムを同じにすることが難しい方もおられると思いますが、出来る方は生活リズムをできるだけ同じにすることで節約に繋がります。

お風呂を温めたり、ご飯を温めなおすのも時間が短ければ短いほど電気代・ガス代の節約になります。

同じ部屋で過ごす

できるだけ同じ部屋で過ごすことで電気代・ガス代の節約になります。
2つの部屋で過ごすとその分電気代・ガス代が2倍になってしまいます。

家計簿をつける

光熱費や食費など1か月の支出には多少変動があるので、家計簿をつけることによって、使いすぎてしまった分などが明確になり次回から気をつけるきっかけになります。

また、最近は無料アプリで簡単に支出を記録できるものがあり、グラフ化にしてくれとても分かりやすいので、手軽に家計簿をつけることができます。

デートにお金をかけない

デートも行き先を無料で楽しめる場所に変えることで節約に繋がります。

お金がかかるデートは誕生日などイベントごとにとっておくと特別感が出ます。
お弁当を作って、四季を感じられるスポットなどでのデートも十分楽しめそうですね。

もちろん家で映画を見たり、ゲームをしたりするのもいいですね。

スポンサーリンク

【金額別】生活費シミュレーション〜15万円、20万円、25万円

生活費15万円の場合

先ほど二人暮らしで必要な最低限の生活費でご紹介したとおりです。

生活費15万円の場合ですと、ケガや病気などになった時に出せるお金がほぼありません。
交際費などを更に節約しないと貯金も難しいでしょう。

生活費20万円の場合

★家賃・・・67,000円
★食費・・・40,000円
★水道光熱費・・・18,000円
★携帯代・・・20,000円
★日用品・・・5,000円
★交際費・・・20,000円
合計170,000円

少し余裕が出て貯金ができるようになります。
万が一の事態で急な出費が必要になったときも、少し安心ですね。

生活費25万円の場合

★家賃・・・83,000円
★食費・・・50,000円
★水道光熱費・・・18,000円
★携帯代・・・20,000円
★日用品・・・5,000円
★交際費・・・20,000円
合計196,000円

5万円ほど余裕が出ましたので、その分貯金や保険加入もできるようになります。

また、家賃の金額的にも探せる物件が増えるので、好条件でより良い部屋を見つけることが出来ます。
食費もたまに外食を楽しむくらいの余裕も出てくるでしょう。

まとめ

生活費にいくら出せるかということで、暮らしぶりが随分変わってきますね。

楽しいカップル生活を送る為にも、お金については事前に2人でしっかり話し合うべきではないでしょうか。
最初はうまく貯金できないかもしれないですし、環境の変化でぶつかることもあるかもしれません。

いくら好きだからといっても、我慢ばかりだと疲れてしまいますし、いずれは楽しくなくなってしまいます。

お互いに協力し合って、信頼関係を築いていくなかで2人に合った一番良い生活スタイルを見つけられるといいですね!

おすすめの記事
スポンサーリンク