少子化が進む日本では、平均出生率が2人を切っています。
そのため、一人っ子家庭が多数派となっています。

子供は1人でいいという夫婦に「男の子と女の子どちらがいい?」と聞くと、「女の子」という回答が多いようです。

そうなると、知りたくなるのが、一人っ子長女のこと。

付き合ったり、恋愛したりする可能性も高いはずです。
そこで、一人っ子長女とはどんな性格でどんな特徴があるのか?調べてみました。

スポンサーリンク

一人っ子長女の性格的特徴

一人っ子長女はどんな性格なのか?
まずはその特徴から見てみましょう。

自分の気持ちに素直で頑固

一人っ子で女の子ということもあり、多くの場合、親の愛情を一身に受けて育ちます。

そのため、兄弟と比較されたり、叱られたりする経験がなく育ちます。
自分がしたいことを主張しても、否定されてこなかったことから、周囲に自分の意見をはっきりと伝えられます。

目立ちたがりやで行動的

一人っ子長女は、家族の注目を一身に受けて育っています。

人生においてずっと注目されてきたため、それがあたりまえだと思ってしまいます。
そのため、人が尻込みする場面でも行動的にふるまうことができます。

妄想や空想癖がある

兄弟がいないため、1人で過ごす時間が多いのが一人っ子長女。
そのため、自分の世界に入り込んでしまう子が多い傾向があります。

争いごとが嫌いで平和主義

一人っ子長女は、家族内でケンカをしたことがありません。

両親も子どもを中心の生活を心がけているため、子どもにとっては非常に居心地の良い環境で育っています。

そのため、平和主義で争いごとがあることを嫌う傾向があります。
自分と意見が違う人がいても、上手く収めようとします。

何事にも一生懸命で手を抜かない

一人っ子長女は、親の期待を一身に受けて成長しています。
その過程でできたことを褒められたりする経験がたくさんあります。

そのため、自分に自信があり、何事にも一生懸命に取り組む傾向があります。

一生懸命やれば、評価されることを自覚しているので、何事も手を抜かない性格になります。

一人でも淋しくなく、楽しむことができる

一人っ子長女は、一人で過ごす時間が兄弟のいる子より多いです。

そのため、一人遊びが得意で、あまり寂しさを感じることはありません。

両親に大事に育てられてきているため、大人になっても一人でいることに不安や孤独を覚えることもないようです。

では、次に、一人っ子長女の性格のプラス面とマイナス面を見てみましょう。

一人っ子長女の性格のプラス面

一人っ子長女の性格のプラス面を紹介します。

性格が素直でひねくれていない

兄弟姉妹がいる中で育つと、どうしても比較されてしまうため、ひねくれた性格になってしまうことがあります。

しかし、一人っ子長女の場合はそういうことはありません。
親は100%自分に向いているため、嫉んだりうらやんだりすることがありません。

そのため、素直でひねくれていない性格の子が多い傾向にあります。

集中力があり、能力が高い

一人っ子長女は1人の時間が多いため、自分の好きなことに熱中できるという面があります。

そのため、集中力が高い子も多く、兄弟のいる子より能力が高いことがよくあります。

孤独に強く、しっかり者になる

一人っ子長女は1人でいることに慣れているため、基本的に寂しがり屋ではありません。

親からの愛情もたっぷり受けていて、教育にも力を入れてもらっているため、自分の考えを持ったしっかり者になるようです。

他人への気遣いができる

一人っ子長女には自己中心的でわがままな面もありますが、他人に対して、心配りができる子も多いです。

兄弟がいないため、人との接し方がわからず、気を遣おうとするためです。
そのため、トラブルは起きにくいといっていいでしょう。

スポンサーリンク

一人っ子長女の性格のマイナス面

次に、一人っ子長女の性格のマイナス面を見てみましょう。

マイペースで自己中心的

一人っ子長女は兄弟がいないため、ケンカしたり我慢したりという経験がありません。
そのため、どうしても自分中心の行動を取ってしまう傾向があります。

そのため、俗に「空気が読めない」と言われる子には長女が多いとも言われます。

金銭感覚が人と異なる

一人っ子長女は兄弟姉妹が多い家庭よりも金銭的に余裕があることが多いです。

兄弟姉妹のお金を全て使えてしまうため、兄弟姉妹がいる家庭よりも、好きなモノを買ってもらえたり、お小遣いを多くもらっている傾向にあります。

その結果、大人になったときに回りとの金銭感覚のずれが出てくることがあります。

男性に自分からアプローチすることが苦手

一人っ子長女は目立ちたがりな性格を持ちますが、自分からアピールするのは苦手です。

これは、いつも両親が積極的にアプローチしてきてくれて育ってきたため、自分から相手に好意を伝えることに慣れていないのです。

そのため、恋愛に関しては奥手な女性が意外と多く、彼氏がずっといないという子も多かったりします。

独占欲が強く、束縛してしまいがち

一人っ子長女はずっと大事にされてきたため、恋愛では独占欲が強い傾向があります。

自分が大事にされていないと感じると、すぐに不安になってしまい、相手を束縛してしまう傾向もあります。

おわりに

ということで、一人っ子長女の性格的特徴を見てきました。

一人っ子長女は、両親の愛情をたっぷり受けて育っているため、素直でひねくれていない子が多いと考えていいでしょう。

また、自己肯定感も強く、孤独にも強いため、恋愛の相手としては最適と思う人も多いのでは?

ただし、マイペースで自己中心的なところもあるので、付き合いづらいと感じる男性もいるかもしれません。

あなたも一人っ子長女の性格を知って、上手に付き合ってください。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク