オーストラリア森林火災が大変なことになっています。

焼失面積は1000万ヘクタールを超えていて、その面積は日本で言うと、首都圏と東北6県に匹敵するというから驚きます。

そんな中で、心配されているのが、コアラが絶滅の危機にあること。
このコアラですが、「コアラのマーチ」を買うと、募金できるというのを知っていますか?

そこで、このコアラ募金の仕組みをわかりやすく解説したいと思います。

スポンサーリンク

コアラ基金とは?

「オーストラリア・コアラ基金」は、コアラの保護や研究のために設立されたものです。
オーストラリアのコアラの数が年々減少。今や300万頭から10万頭以下にまで減少しています。

ロッテは、「コアラのマーチ」が10周年を迎えた1994年からコアラ基金に参加。
売上の一部が募金される仕組みとなっています。

つまり、「コアラのマーチ」を買うだけで寄付することができる訳です。


森林火災でなぜコアラは絶滅の危機にあるのか?

オーストラリアでは毎年12月頃から森林火災が発生しています。
原因は雷や火の不始末などがありますが、火災が大規模に広がったのはユーカリの木。

オーストラリアの森林は約7割がユーカリの木なのです。

ユーカリは揮発性の油分を多く含んでおり、火がつくと急速に広がります。

コアラは基本的にユーカリの葉しか食べないため、絶滅の危機にあるのです。

今回の森林火災で数万匹のコアラが死んでいると言われています。

スポンサーリンク

ユーカリは600種類あるが、コアラが食べるのは12〜13種類

一口にユーカリといっても、その種類は様々。
オーストラリアにはおよそ600種類生息していると言われています。

実はユーカリには毒があります。
そのため、他の動物はユーカリを食べないのですが、コアラは消化器官内で毒素を分解することができるためエサにすることができるのです。

ただし、コアラが食べるユーカリは600種類のうち12〜13種類と言われています。

ちなみに、コアラは睡眠時間が多い動物としても知られ、何と1日22時間も寝ます。
もうほとんど寝ているのです。

コアラはなぜこんなに寝るのか?

実は、これもユーカリが関係しています。

ひとつはユーカリは栄養価が低いこと。
もうひとつは毒素の分解にエネルギーを使うこと、

こうしたことから、できるだけ体力を使わないよう1日のほとんどを寝て過ごすのです。

まとめ

森林火災で絶滅の危機にあるコアラ。
それにしても、オーストラリアの森林の7割がユーカリというのは驚きですね。

しかも、栄養価も低く、毒もある……
コアラがユーカリしか食べないということを考えると、何かかわいそうになってしまいます。

「コアラのマーチ」を買うことで、少しでもコアラの助けになるのなら、僕も早速買ってみようと思います。

おすすめの記事
スポンサーリンク