残念なことに、不景気や新型コロナウイルス等の影響で、閉店するお店が増えていますね。

何年も通っていた顔なじみの店が閉店してしまう。
お店を閉めてしまう店主さんに贈り物をしたいと思う方もいらっしゃるかと思います。

今回は閉店してしまうお店への贈り物のマナーについて解説します。

スポンサーリンク

贈り物にマナーやルールはあるの?

閉店する際に贈り物をする場合は、「残らない物」が良いとされています。

閉店するお店は閉店準備のために、店の備品や片付けをしなければなりません。
そんな時に常連のお客さんから花瓶や時計を貰っても困りますし、処分しづらいですよね。

閉店する際には、お店に置かずオーナーやスタッフさんが個人で消費できるものが望ましいです。

閉店するお店へのオススメの贈り物

閉店してしまうお店への贈り物って何を贈ればいいか悩みますよね。
ここでは閉店の贈り物として人気な商品を紹介します。

贈り物1 お酒

飲食店であれば、最後に常連のお客さんを呼んで宴会を開くこともあります。

そんな場面にお酒を贈ると喜ばれます。
集まった常連さんを含め、全員で飲むことが出来ますし、飲食店や居酒屋への贈り物として最適です。

もちろん、飲食店以外にもお酒好きな方に喜んでもらえますし、持ち帰ってプライベートで楽しんでもらうこともできます。

贈り物2 お菓子 スイーツ

お菓子やスイーツも閉店の贈り物としてオススメです。

お店の人も、お菓子やスイーツは受け取り易く、スタッフの方たちで小分けにして持ち帰ることも出来ます。

お菓子を贈る際に一工夫として、メッセージカードで「長い間お疲れ様」とねぎらいの言葉を贈ると更に喜ばれますよ。

贈り物3 花束

贈り物としての定番である花束、お店が閉店する際にも喜ばれます。

長持ちする花を選べば閉店するまでの期間、お店を華やかに彩ることができます。
逆に閉店する間際に花束を贈る場合は、あまり大きな花束にせず、小さく飾れる程度の大きさが望ましいです。

スポンサーリンク

閉店の贈り物をしない場合も・・・

開店祝いの贈り物やプレゼントに比べ、閉店する際の贈り物はしない場合も多いです。

開店とは違い、お祝いというわけではありませんので、贈り物はせず、閉店する前に店に行って食事や買い物をしてあげることが喜ばれる場合もあります。

まとめ

閉店するお店へ贈り物をする際のマナーや、喜ばれる贈り物について解説してきました。

閉店する際に贈り物をする場合は、「残らない物」が良いとされています。時計や置物のような物は閉店の準備をする店にとっては、処分しづらい贈り物となってしまいます。

贈り物をする際には、食べ物や飲み物などの消費できるものが望ましいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク