40代になると気になるのがお腹の出具合。
ぽっこりお腹はかっこ悪いだけでなく、健康にも良くありません。

そもそも中年になると、なぜお腹が出るのか?
お腹を引き締めるのにはどうすればいいのか?

早速ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お腹が出る原因は?

40代になるとお腹が出るのは様々な原因があります。

基礎代謝量の低下

基礎代謝量とは人が生きていくために最低限必要なエネルギーのことを言います。
生きているだけで何もしなくても消費されるエネルギーです。

実は、基礎代謝量は1日に消費するエネルギーのうち、約70%を占めているのです。

基礎代謝量は40代になると低下します。

また、40代になると男性ホルモンの分泌も減少していきます。
男性ホルモンには基礎代謝の働きを活性化させる働きがあるため、消費できないエネルギーが増えていき、太ってしまうのです。

男性ホルモンが減少すると、お腹にある内臓脂肪がつきやすくなります。
お腹が出てしまうのはこれが原因です。

運動不足

40代になって基礎代謝量が落ちると、エネルギーの消費量が落ちます。

これを補うには運動によってエネルギーを消費させるしかないのですが、20代の頃に比べ、運動しなくなります。

そうすると、太ってしまい、男性ホルモンの減少も相まって、お腹が出てしまうのです。

食生活の乱れ

40代になると、お酒の付き合いが増えます。

お酒は基礎代謝量を落とすだけでなく、男性ホルモンの分泌を減少させます。

また酒席では揚げ物など脂っこいメニューを頼みがちです。
こうした動物性タンパク質を含む食事は基礎代謝量の落ちた体に蓄積されてしまいます。

その結果、皮下脂肪、内臓脂肪の原因となってしまいます。

ストレスの増大

40代になると会社での責任も大きくなってきます。

役職的にも上司と部下の間にはさまれることが多く、どうしてもストレスが溜まります。

ストレスは男性ホルモンを減少させます。

男性ホルモンが減ると、基礎代謝量は落ちるため、太りやすくなってしまうのです。

40代男性がお腹を引っ込ませる方法

40代男性がぽっこりお腹を引っ込ませるには、やはり運動が一番です。

とはいえ、忙しくて運動する時間がないという人も多いと思います。
そこで、おすすめしたいのが隙間時間の活用です。

通勤で徒歩の時間を増やす

忙しい40代男性にとって通勤時間はダイエットするチャンスです。

たとえば、電車通勤ならば、会社の一駅前で降りて歩くというのも良い方法です。

また、歩く時はできるだけ早歩きをするとエネルギー消費が上がり、より効果的です。

できるだけ階段を使う

外を歩いていると、ついついエレベーター、エスカレーターを使ってしまいます。

そこで、駅やオフィスではできるだけ階段を使いましょう。

すべて階段を使うというのも大変なので、最初は2階分、慣れてきたら3階、4階と増やしていくといいでしょう。

こうした積み重ねが効果を発揮しますので、意識的にやるようにしましょう。

背筋を整える

お腹が出るのは背筋が弱っていることが原因であることも多いです。

たとえば、背筋を伸ばして立つと、お腹が引っ込みますよね。

また、座っている時も姿勢をよくしましょう。

背筋を整えることで、消費カロリーを上げ、腹部のインナーマッスルを鍛えることができます。すると、内臓の働きが活発になり、基礎代謝量が上がります。

つま先立ちで歩く

つま先立ちで歩くと、ふくらはぎが鍛えられます。

ふくらはぎを鍛えると、基礎代謝量を増やすのに効果を発揮します。

歩くときは、できるだけ意識して、つま先立ちで歩くようにしてみましょう。

スポンサーリンク

お腹を引っ込める動画

お腹を引っ込めるのに効果的な運動を紹介した動画です。

【驚愕】下腹ポッコリはかくれ反り腰が原因です!

【下腹痩せ】たった1分で下腹を引き締める!超簡単ぽっこりお腹さようならトレーニング

【お腹の脂肪がみるみる落ちる】10秒エクササイズ【下腹部痩せ】同時に腰痛予防も

おわりに

ということで、40代男性のお腹が出る原因、ぽっこりお腹を引き締める方法をご紹介しました。

年とともに現象する基礎代謝量と男性ホルモン。
これを防ぐにはやはり運動です。

運動は無理してやる必要はありません。隙間時間を活用しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク