昔からうんちは健康のバロメーターと言われます。
量や固さなど、しっかりしたうんちが出たときって、身体の調子が良く感じられたりします。

これは赤ちゃんも同じ。
かわいい我が子のうんちが出ないと、親としてはとても心配になりますよね。

そこで、赤ちゃんの便秘の原因と解消法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのうんちは毎日出なくても心配ない

大人の場合、2、3日うんちが出ないと、便秘気味だと思ってしまいます。

しかし、赤ちゃんの場合、3、4日うんちが出ないことは決して珍しいことではありません。
中には1週間に1回しかうんちが出ない赤ちゃんもいます。

授乳や離乳食など、月齢によっても違ってきますが、赤ちゃんというのは基本的に便秘気味なのです。

食欲があって元気そうであれば、心配はありません。

なぜ赤ちゃんは便秘になりやすいのか?
それは母乳の消化吸収がいいため、便の量が少なくなるからだと言われます。

また、粉ミルクの飲み過ぎも便秘の原因になります。
赤ちゃんの腸には過剰なカルシウムが流れ込むと、うんちが出にくくなると言われています。

自宅でできる赤ちゃんの便秘対策

赤ちゃんのうんちが出ないのが心配なら、次のことを試してみましょう。

お腹をマッサージする

赤ちゃんの便秘が気になったときはお腹をマッサージして腸を刺激してあげましょう。
マッサージするときは、おへそを中心に平仮名の「の」を描くようにします。

このときは決して力を入れず、やさしく撫でるように行ってください。

赤ちゃんを仰向けに寝かせて左右の足を交互に動かしてあげるのも効果的です。
これによって、腸が刺激されます。
ただし、赤ちゃんが嫌がったり痛がったりするそぶりを見せたらすぐに止めてください。

綿棒で浣腸する

肛門に刺激を与えて排便を促してあげるのも効果的です。
この場合は赤ちゃん用の綿棒を使います。

ベビーオイルあるいはワセリンをつけ、綿棒の先端をおしりの穴に軽く差し込み、円を描くように動かします。
綿棒は奥まで入れすぎないよう十分注意して行ってください。
このときも、赤ちゃんが痛がるすぶりがあったらストップしましょう。

オリゴ糖を飲ませる

オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして腸の活動を活発にしてくれると言われます。
便秘対策で摂取する大人も少なくありませんが、赤ちゃんにもおすすめです。

赤ちゃんに飲ませるときは、粉末状のオリゴ糖を粉ミルクや白湯(さゆ)に混ぜて与えてください。
目安量は1日あたり0.5g〜1g程度です。

スポンサーリンク

病院に連れて行く目安

赤ちゃんの便秘は、食欲があって元気に過ごしていれば、あまり心配する必要はありません。

前述した便秘対策で少し様子をみてください。

ただし、以下のような症状が出たら、要注意です。

・うんちが硬く、排便時に出血がある
・お腹がパンパンに張っている
・熱や吐き気がある

こうした異変が見つかったときは、迷わず病院で受診しましょう。



まとめ

赤ちゃんのうんちが出ないと親としては心配になりますね。
でも、多くの場合は心配しなくても大丈夫です。

食欲があって元気であれば、まずは様子を見ましょう。

それでも気になる場合は、マッサージなどを試してみてください。

おすすめの記事
スポンサーリンク