・画像引用元:NHKニュース

心停止となった人のために街角に設置されている救命医療機器AED。
ところが、倒れた人が女性の場合、男性よりAEDが使われにくいという調査結果が明らかになりました。
過去には、女性にAEDを使った男性が痴漢で事情聴取されるという事例も発生。
改めてネットに様々な声が寄せられています。
そこで、この問題について考えてみました。

スポンサーリンク

女性へのAED使用の調査結果

調査を行ったのは、京都大学の研究グループ。
全国の学校構内で心停止となった子ども232人について、救急隊到着前にAEDが装着されたかどうかを調べました。

その結果、使用された割合は高校生・高専生で男子生徒83.2%、女子生徒55.6%
明らかに男女差があったことがわかったのです。

AEDは服を脱がせて、胸の上と左の脇腹にパッドを直接装着します。
女性の場合、この行為を行うことに抵抗感があるというのです。

理由は女性との間でトラブルになることを恐れるため。
実際に過去には痴漢で事情聴取を受けたという事例もありました。

女性にAEDを使って痴漢で事情聴取

この事例は数年前にツィッターに投稿されたもの。
ツイートした男性によると、経緯は次のようなものでした。

この男性はたまたま交通事故の現場に居合わせていました。

運転手の男性は軽傷だったものの、助手席の女性が危険な状態。
そこで、事故に遇った女性を助けるため、周囲の人にAEDを持ってくるよう指示。

AEDが届けられると、ハサミを使って女性の服を切りました。
すると、運転手が「なんで服切るんですか!やめろ!痴漢だ!」と叫び、警察に通報。

男性の迅速な措置のおかげで女性は一命を取り留めました。
ところが、警察に通報されたせいで事情聴取を受けるハメになったのです。

その後の警察の調べで、男性の痴漢容疑は晴れましたが、このツイートは大きな話題になりました。

スポンサーリンク

ネットの反応

女性へのAED装着については、Yahoo!知恵袋でも議論が起きていました。

私はAEDを男性には絶対に使われたくありません

「AEDを男性には絶対に使われたくない」という書き込みをした女性はこう言っています。

私はAEDを男性には絶対に使われたくありません
男性が女性の許可なくAEDを使うのは強姦行為だと思いますし、もし自分がされたら訴えるつもりでいます
私はAEDを男性に使われるくらいなら死んだ方がいいです

AEDを女性の許可なく使う行為は性的暴行だ感じる、
死んでも後遺症が残ったとしても絶対にしてほしくない
という女性がいることをきちんと理解できているのでしょうか?

・引用元:Yahoo!知恵袋

この書き込みに対しては、冷ややかな回答が数多く寄せられました。

・理解してません。
それ以上に人命救助が大切だと思う人が大半だと思いますから。

・女性でその考えの方はほとんどいないと思うのでしっかり意思表示しましょう。

・その旨を記載したカードを、常にネックレス代わりにぶら下げておきましょう。
「私が気を失っていても、男性は手を触れないでください」と。

・若い女性は恥ずかしい人が多いかもね。
確かにそん時は「恥ずかしい!見られた!」ってなるかも知れないけど、
後々親の泣いてる顔とか見たら「命をありがとう」ってなると思うよ。

・訴えたところで却下されるから無理

・引用元:Yahoo!知恵袋

AEDはどれくらい効果がある?

心肺停止状態にある人へのAEDによる電気ショックは最も有効な方法とされています。
通常、心肺停止に陥ってから、心肺の蘇生に10分以上かかってしまった場合の生存確率は、限りなく0%に近くなると言われています。

しかし、10分以内に除細動を行えば生存率は4割近いと言われ、たった数分の差が生死を分けるというのです。

では、女性にAEDを装着する場合、どんな点に注意すればいいのか?

AEDは素肌に装着する必要があるため、講習などでは衣服やワイヤーの入ったブラジャーなどは切るように指導されています。
そのため、女性を救助する場合は、可能であれば周囲にいる女性にやってもらう。
それができなければ、女性たちにバリケードを作って目隠しになってもらうなどの配慮が望ましいと言われています。

また、AEDパッドを貼った後は、その上から服やタオルなどをかけて肌を隠してもAEDの機能に影響はないそうです。

こうしたAEDに関することを知っていれば、無用なトラブルは防げるのです。

まとめ

男性の場合は、女性にAEDを使うというのは、確かに抵抗がありますね。
しかも、痴漢で警察に通報されるなんてことになったら、最悪です。

助けられる命が助からないというのは、絶対に避けなければなりません。
そういう意味でもAEDの装着法の講習は必要になりますね。
男女問わず正しい方法を知っていれば、救命現場で理不尽なトラブルが起きることはなくなります。

僕も一度AEDの講習を受けてみようと思います。

おすすめの記事
スポンサーリンク