今年もまた忘年会などの飲み会の季節がやってきましたね。
お酒と一緒の食事はまた格別に美味しいですよね!

しかし調子に乗って自分のペースを忘れて飲み過ぎたら…
次の日には辛い二日酔いが待っていますね!

私も何度か二日酔いの経験がありますが辛くてもうお酒は辞めようとその時は誓いますが…そんな誓いはまた忘れて飲みますよね。

できることならば二日酔いもなく快適に翌日も過ごしたいものですね。

そこで今回は飲み過ぎの対処法と二日酔いの解消法について
情報発信していきたいと思います。

スポンサーリンク

飲み会で飲み過ぎないための5つの心がけ

飲み会にて飲み過ぎないようにするための
5つのポイントをご紹介いたしますね!

1・水分を多めに摂る

いつもよりも水を多めに飲んでおくことは大切です。
これは私もしますが、水分補給はとても大事なんです!

2・空腹を避ける

空腹のままアルコールを摂取しないことも有名ですよね!
胃が空のままではアルコールを一気に吸収してしまいますので、できれば枝豆やチーズなどのつまみをおすすめします。

3・お酒を選ぶ

酔いにくいお酒を選んで飲むのも大事なポイントです!

グレープフルーツやオレンジのクエン酸効果を期待し、 「グレープフルーツサワー」や「カシスオレンジ」はおすすめのお酒です。
私はたまに普通にオレンジジュース注文して飲んでいます。

4・ジュースやお茶を飲む

酔ったかなと感じたらジュースやお茶を飲む。
無理して飲み続ける必要はありませんし。
自己申告しましょう!

5・自分のペースで飲む

あくまでも自分のペースで飲んでくださいね!

悪酔いを防ぐお酒の飲み方

できれば自分のペースで楽しんでお酒を飲みたいですよね。
「飲んでる?」って聞かれたら「はい。飲んでいますよ!」
でいいんですよ!

最近はあまりしないようですが、「一気飲み」は禁止事項です!
たちまちにお酒が回ってしまいますよ。
ひどければ急性アルコール中毒になり救急車で運ばれますからね。

ウーロンハイ頼んでおいてウーロン茶に移行するのもいいですね!

そして先ほども言いましたが、お酒と一緒に水分補給も必ずしましょうね!

水分補給により利尿作用が働き体内からアルコールを排出されますから。

スポンサーリンク

二日酔いになったときの対処法とやってはいけないこと

二日酔いにはなりたくないですがなってしまった時の対処法をご紹介いたしますね!

頭痛がひどい時などは体内の「アセトアルデヒド」を薄めるためにもポカリスエットなどのスポーツドリンクなどで水分補給をおすすめします。

アルコールを摂取した後は身体は水分不足になりますので水分補給は必須です!

また、みそ汁などの汁系は胃にもやさしくておすすめですよね!
そしてつらいときは胃腸薬に頼りましょう。

食事ですが、胃にやさしいものがベストで、脂っこいものや刺激物は避けましょうね!

あと「迎え酒」。これは絶対にやめましょう!

脱水症状になる温泉やサウナも控えたいですね!

まとめ

今回は飲み過ぎの対処法や二日酔いの解消法などについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

この先のイベントとして忘年会や新年会は外せないイベントでしょう。

楽しくてついつい忘年会、新年会などで羽目を外してしまってもこの対処法を知っているか知らないかでは大きく違ってきますよ!

二日酔いの原因とされる「アセトアルデヒド」は有害物質であります。
血液中の濃度が高くなると頭痛や吐き気などの症状が起こります。

なるべく楽しくお酒を飲みたいですね!

おすすめの記事
スポンサーリンク