雨が降りそうだけどジョギングに行けるかな??とか、ちょっとそこまで、買い物に出かけたいけどすぐやむならもう少し待とうかな、、、とか。

自転車での出先、雲行きが怪しい、、、進むか戻るか、はたまた待機か、、などなどさらには、明日釣りに行きたいけど、雨の確率&風速うんぬん、、、とまあ、天気を気にしないといけないシチュエーションはけっこう頻繁にあります。

一週間後の天気はまあいいとして、午後からとか明日の朝ととか、ピンポイントで外に出る用事が重なったときの、割と近い時間の天気予報は今はどれくらいの精度なのか?

そこで、調べてみました。参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

雨雲レーダーとは?

よく聞く雨雲レーダー、そもそもなに?ってとこですが、要するに、過ぎ去った時間から今現在、そして数時間後の雨雲の通る、覆っている範囲を動画的に示してくれるものです。

余談ですが、私自身はよく週末に釣りに出かけたりするのですが、けっこう適当に出かけます(出かける前から降ってたら出かけないときもありますが)。
そして、現場が柄づくにつれて、雲行きが怪しくなり、着いたとたん大雨なんてことは、雨男である私にとっては日常茶飯事です。

そんなときは天気アプリで雨雲チェックします。

数時間後も雨雲が覆ってるようでしたら諦めますが、数十分くらいで雨雲が通り抜ける感じなら待ちます。
そして、その精度はかなりのもので、ほとんどそのとおりに雨は止んだりするので、重宝してます。

ちなみにヤフー天気です。これについては後述しますね。

6時間後の予想はどれくらい当たる?

上記の雨雲レーダーでも少し触れましたが、最近の天気予報の精度はすごいです。6時間程度の先でしたら、ほぼ間違いないと思っても大丈夫ではないですかね。

天気の変わりやすい秋口でも、大きく外れることがないように感じます。なんなら、3日後くらいなら、かなり信頼度あります。

スポンサーリンク

雨雲レーダーをスマホアプリでチェックする方法

・ヤフー天気の入手先(アンドロイド):Yahoo!天気 - 雨雲や台風の接近がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ - Google Play のアプリ

・ヤフー天気の入手先(アイフォン):‎「Yahoo!天気」をApp Storeで

個人的にはヤフー天気をよく使っていますが、釣りに行くのを諦めきれないときにはいろんなニュースサイトの天気情報を見たりもします。

もちろん違うアプリとかも。
どれで見ても見易さは人それぞれでしょうけど、確率や雨雲の動きなどはほぼどれも一緒です。

殆どのスマホアプリの場合、当日、明日、明後日くらいの天気や気温、そしてウィークリー。
そして、雨雲レーダーって項目がありますね。

それを地域を指定してポチっとすると、当日に更新された時間からの雨雲の動きと雨の多さなどを、色分けして動画のように流れるようにみられます。雨雲が通り過ぎる映像とともに実際に雨も止んでくるので、けっこう感動したりします。

まとめ

最近の天気予報はホント精度高いと思います。

多くの被害をだした、大雨や台風などもかなりの確率で予測してくれるので、6時間後くらいの天気や風速なら頭から信用しても良いレベルだと思います。

今回の台風は予測より大きくはならなかったので、ある意味少し外しているのかもしれませんが、それもたぶん違ったところに真意があるのだと思っています。

便利な天気アプリありますんで、ぜひとも活用してくださいね。

おすすめの記事
スポンサーリンク