褒められると誰だって嬉しいですよね。
例えば、「素敵ですね」「流石〇〇さんですね」なんて言われたら嬉しくないですか?

しかし、いざ自分が褒める側に回ってみると難しいと実感した方だっていると思います。

特に褒める相手が女性となると、なんだか気恥ずかしくなって、考えていたことが口から出てこなかった方だって多いのではないのでしょうか?

人を褒めるのって、実は非常に難しいんですよね……
しかし、上手に使うことができたなら仕事だけでなく、恋愛だって上手くいくかもしれませんよ。

そこで今回は、仕事で使える女性への褒め言葉を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

褒め言葉の基本はさしすせそ

まず、人を褒めるうえでの基本的なルールを見ていきましょう。

この基本的なルールさえ守れば、自然とあなたも褒め上手になれますよ。
それは褒め言葉の「さ・し・す・せ・そ」です。

これは「さすが・知らなかった・すごい・センスが良い・そうなんだ」の五つの言葉の頭文字を取ったものです。

この五つの言葉は、会話の最中に相槌を打ちやすい言葉です。
加えて、相槌を打ってあげることは、相手の話をしっかりと聞いてることの証明になりますので、自然と好感度も上がるのでオススメですよ。

職場の女性が言われて嬉しい褒め言葉

次は、相槌だけでなく、自分から口に出す褒め言葉です。
相槌だけですと、どうしても会話の流れから、限界がくるときもありますからね。
ここでは三つ紹介させていただきます。

気遣いができる

一つ目は、気遣いができるです。

日常生活だけでなく、仕事でも求められる気遣い。
様々な年齢層の人と一緒に仕事していくからこそ、気遣いというのは嬉しくなるものです。

しかし、小さな気遣いは気づいてもらえなかったり、心の中だけで感謝されることが多いです。

そのため、口に出して言葉で褒めてあげることは非常にオススメです。

「大変だったね」「頑張ってくれてありがとう」「無理しないでいいよ」

こうしたちょっとした気遣いの言葉は、非常に喜ばれます。

親しみやすい

二つ目は親しみやすいです。

親しみやすいということは、誰とでも仲良くなることができる、つまり、社交力が高いことを意味しています。

特に女性は、人間関係に対して男性以上に敏感になっています。
そして、声に出さないだけで苦労している女性はたくさんいます。

そのため、親しみやすい言葉は、相手女性を褒めるだけでなく労わることにもなるので、大事ですよ。

「気が利くねえ」「なんでそんなことわかるの?」「いいねえ!」

冗談めかして明るく言うことで、相手は喜びます。

仕事が速い

最後は、仕事が早いです。

当たり前ですが、会社は仕事をする場所です。
逆に言えば、仕事のことを褒められて嫌に感じる人はいないという事です。

たとえば、

「頑張りすぎじゃない?」「いつも仕事が丁寧で助かるよ」

普段は接点がないような人でもこんな風に口に出して仕事ぶりを褒めてあげるだけでも、これからの関係性が大きく変わっていきますよ。

スポンサーリンク

してはいけないNGな褒め方!

褒め言葉は基本的に喜ばれるものですが、使い方を間違えてしまうと、相手を不快にさせてしまうこともあります。

ここでは、二つ紹介させていただきますので、是非とも注意しましょう。

上から目線な褒め方

まず一つ目は、上から目線な褒め方です。

まず、上から目線な褒め方は、相手を不快にさせてしまう可能性が高いです。

たとえば、

「君ならこれくらいできてあたりまえだ」

上司や部下と言った上下関係がある場合でも、状況によっては相手を不快にさせてしまう可能性があるから注意です。

相手の年齢を考えていない褒め方

二つ目は、相手の年齢を考えていない褒め方です。

これは慎重に言葉を選ぶということで、難しいのですが、しっかりと注意しましょう。
例えば、年配の上司の服装を見て「若く見えますね」と言うのはダメです。

相手を適当に褒めているだけで、しっかりと内面を見て褒めてないからです。
このように、相手の年齢を踏まえた褒め方にも注意していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
以上が、褒め言葉の基本、女性が言われて嬉しい褒め言葉、NGな褒め言葉に関する紹介でした。

紹介させていただいたように、人を褒めるのは難しい事です。
しかし、上手に人を褒めれるようになれば、仕事以外の場面でも役立つこと間違いなしですよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク