有名人やスポーツ選手関連のニュースでよく耳にする肖像権とプライバシー権ですが、一般も有している権利ということはご存じでしょうか?

皆さんも普通に生活している中で、知らず知らずのうちに他人の肖像権やプライバシー権を侵害してしまっているかもしれません。

今回はそんなプライバシー権と肖像権について解説していきます。

スポンサーリンク

肖像権とは?

肖像権とは簡単に説明しますと、自身の容姿や顔を撮影されたり、撮影した画像を公表されない権利のことです。

肖像権は芸能人やスポーツ選手などに適応される権利と認識されがちですが、一般の方も有している権利です。

具体的に肖像権は、自身の顔がはっきり写った写真を、無断でSNSに投稿された際や自宅で過ごしている姿を撮影され、その画像を公開された際には肖像権の侵害に該当します。

プライバシー権とは?

肖像権と似通った文面になりますが、プライバシー権とは、個人の情報や私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な権利のことです。

具体的にプライバシー権は、自身の住所や電話番号を無断で公開されたり、職場や年齢、容姿などの私生活上の事柄を公に公開された場合にはプライバシーの侵害に該当します。

スポンサーリンク

プライバシー権と肖像権の具体的な違いとは?

似通った権利であるプライバシー権と肖像権ですが、具体的な違いがあります。二つの違いを理解するためにまずは、プライバシー権と肖像権の関係について解説します。

まず肖像権は、実はプライバシー権の一部で、プライバシー権が包括する範囲の中に肖像権は存在します。

わかりやすく説明すると、肖像権を侵害された場合はプライバシー権の侵害にも該当するというわけです。

次にプライバシー権と肖像権の具体的な違いについてですが、肖像権の適応される範囲から考えると理解し易いです。

肖像権の侵害とは、肖像の撮影や肖像の公開をされた場合を指します。

プライバシー権とは私生活上の事柄をみだりに公開されない権利です。

このことから肖像権とプライバシー権の違いは、

・肖像権 自身の容姿や顔を撮影され、公開された場合に適応される権利

・プライバシー権 姿や顔の撮影を除く、私生活上の事柄を公開されない権利

肖像権侵害、プライバシー権侵害で損害賠償請求はできる?

肖像権、プライバシー権侵害は刑法で罰する規定はありません。

したがって事件として扱われることはありません。

しかし、民事で損害賠償請求をすることができます。

賠償額は10万~50万円程度とする判例が多いようです。

まとめ

肖像権とプライバシー権の意味と違いについて解説してきました。

肖像権とプライバシー権は似た意味を持つ権利ですが、明確な違いが存在します。

肖像権は自身の容姿や顔を撮影されたり、撮影した画像を公表されない権利のことで、プライバシー権とは人の情報や私生活上の事柄をみだりに公開されない法的な権利のことです。

顔や容姿を撮影され、その写真や画像を公開された場合には肖像権の侵害に該当し、撮影した写真以外で、個人の私生活上の情報を公開された場合はプライバシー権の侵害に該当します。

似た意味を持つ二つの権利ですが、どちらも個人に認められた大切な権利ですので、むやみに権利を侵害してしまった場合には民事上の責任を問われることがあります。

写真の撮影やSNSを使用する場合には肖像権とプライバシー権に注意しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク