テレビ番組「それって!?実際どうなの課」で、業界の達人に弟子入りし、卓越したセンスを見せつけてきた森川葵。
6月4日の放送では、最高難度の5段グラスのテーブルクロス引きに挑戦!

かつて芸能人で誰も成功したことないワザに何とノーミスで成功しました。

初心者とは思えないスピードでさまざまな技を習得する森川葵とは何者なのか?
その人物像に迫ってみました。

スポンサーリンク

森川葵のプロフィール

森川 葵(もりかわ あおい)は、1995年6月17日生まれ。
出身は愛知県東海市です。

芸能界入りのきっかけは、2010年。
ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」に応募したこと。

応募者5,575人の中から見事グランプリに選ばれました。
その後、2015年に専属モデルを卒業。
同じ年の10月、フジテレビ系ドラマ『テディ・ゴー!』で連続ドラマで初主演を果たしました。

2016年4月から1年間、笑福亭鶴瓶司会のトーク番組『A-Studio』のアシスタントも務めました。

また、2018年11月には舞台『ロミオとジュリエット』で、ジュリエット役を演じるなど、マルチな活躍を見せています。

森川葵の家族

5人兄弟のうち上から2番目。兄と妹が1人ずつ、弟が2人います。

スポンサーリンク

森川葵の趣味

森川葵の趣味は趣味はカメラ集め(20台ほど所有)。
ゲーム好きとしても知られ、マイパソコンはドスパラのゲーミングPC『GALLERIA』。

YouTubeで『葵のおたく』というチャンネルを開設。
ゲームプレイ動画をアップしています。

森川葵の非凡な才能

森川葵が注目を集めるようになったのが、「それって!?実際どうなの課」。
この番組で森川はさまざまなジャンルの達人に弟子入り。

初心者とは思えない能力を見せ、さまざまな技を習得。
あまりの習得の早さに「ワイルドスピード」との異名で呼ばれています。

森川葵のこれまでの偉業

これまでにけん玉、石の水切り、手描き看板、ロックバランシング、ダイス・スタッキングに挑戦。
達人たちが驚くほどのスピードで技を習得してきました。

初挑戦の「スポーツ・スタッキング」では、初日にあっさりと日本最速レベルの記録を叩き出し、周りを驚かせました。

そんな森川の天才ぶりはtwitterでも話題になっています。

まとめ

かわいくて演技もできて、センスの塊。
こんな女性っているんですね。

恐るべし、森川葵!

おすすめの記事
スポンサーリンク