バスの時刻表を見て、こんな疑問を持ったことはありませんか?
なぜ時間通りに来ないのか?
いつも遅れるのはなぜ?

電車と違って道路は渋滞することがあるから。

そう答える人もいるかもしれませんが、もし渋滞が理由なら、道路が空いているときは早く来てもよさそうですよね。

実は、バスが時刻表の時間通りに来ないのにはちゃんとした理由があるんです。

スポンサーリンク

バスが遅れる理由

バスが時間表より遅れて来るのは、法律違反にならないためです。

道路運送法では、「時刻表より早く出発してはならない」と定められているのです。

遅延は問題ありませんが、早く出発すると、法律違反になるのです。
時刻表よりも早く来てしまうと、乗り遅れる人がでかねません。

そうすると、客から苦情が出ます。
「時間通り来ない!」という客からのクレームより「時間通りにバス停にいたのに乗り遅れた!」という苦情を恐れているのです。

バス会社では時間より早く出発することは「早発」と呼ばれます。
これは運送法違反にあたるため、運転手に「早発」しないよう徹底して教育しているのです。

バスのダイヤ(時刻表)はどうやって決める?

バスのダイヤ(時刻表)は、「早発」を防止するため、わざと遅れるように設定されています。

バスの場合は、早く停留所に着いたからといって、発車時刻まで待ってるというわけにはいきませんからね。渋滞の原因になりますから。

そこで、バスの時刻表は以下のような条件を元に決められます。

・すべての信号が青である
・途中停留所に止まらない
・制限速度で走る

これらの条件をベースにして時刻表は作られているのです。

すると、当然バスは時刻表より遅くやってくることになりますよね。

しかし、そうなると問題も起こります。
赤信号など実際の交通事情によって大幅に遅れることがあります。

始発の停留所から遠くなればなるほど、バスは遅れが目立ちます。

それでも道路運送法を守るためにわざと遅れるような時刻表を作っているのです。

スポンサーリンク

バスが遅れる理由は他にもある

バスが遅れるのは交通事情だけが原因ではありません。

運賃の支払いが遅い

運賃を準備せずにバスに乗ってから財布を探し始める人がいると、バスが遅れる理由となります。

乗車時の運転手への質問

バスに乗るときに運転手に行き先を確認したり、質問攻めにする人がいます。
これによってバスの出発が遅れてしまいます。

団体客の乗車

下校時の学生や部活の団体などがバスに乗り込んでくると、大幅な時間のロスとなります。

まとめ

バスは時刻表より遅く来るのは、法律違反になるから。
これで納得できた方は多いのではないでしょうか。

早く出発しないよう時刻表をわざと遅れるように作っているというのも納得です。

事情がわかったところで、これからはバスが遅れても運転手に文句を付けないようにしてあげましょう。

おすすめの記事
スポンサーリンク