迷惑電話や嫌な相手からの着信を拒否することが出来る機能である着信拒否。

とても便利な機能ですが、相手側に着信拒否したことがバレるのでしょうか?
電話に出るのも嫌ですが、着信拒否したことが相手に知られているかも心配ですよね。

今回は着信拒否する方法と着信拒否機能を使用した場合、相手に知られてしまうのかを解説します。

スポンサーリンク

迷惑電話を着信拒否にする方法とは?

androidスマホを使用している場合とiPhoneを使用している場合の2パターンを紹介します。

Androidスマホの場合

Androidスマホを使用している方は、まず「電話」アプリの「履歴」からブロックする相手からの着信を長押しします。

するとメニューが表示されますので、メニューの中から「ブロックして迷惑電話として報告」をタップしますと着信拒否が完了します。

iPhoneの場合

次にiPhoneでの着信拒否の方法を紹介します。

「電話」アプリを起動しアプリ内の「履歴」をタップします。
「履歴」から着信拒否したい履歴の右にある「i」のマークをタップします。

画面下部にある「この発信者を着信拒否」をタップし次に表示される「連絡先を着信拒否」をタップすると着信拒否が完了します。

着信拒否すると相手にはどう表示されるのか?

着信拒否した相手が電話をかけてきたとき、どのような表示がされるのか、
これはiPhoneとandroidスマホで異なります。

iPhoneでは「ツーツー」と通話中に電話をかけたときと同様のアナウンスが流れます。

Androidスマホではアナウンスは流れず、自動的に着信が中断されます。

iPhone、androidスマホの両方に言えることですが、何度着信があっても同様のアクションが繰り返されます。
何度も着信があった場合、相手は着信拒否されたと考えるかもしれません。

スポンサーリンク

着信拒否以外の迷惑電話防止方法がある⁉

着信拒否以外の迷惑電話対策ですが、留守番電話に転送する機能が有効です。

Androidスマホ、iPhoneともに、特定の電話番号からの着信を留守番電話に転送する機能があり、着信相手には留守番電話機能のアナウンスが流れます。

着信拒否するのはちょっと怖いと感じられる方は、こちらの方法を試してみて下さい。

着信拒否に設定していると相手からの着信は即終了。
もしくは「ツーツー」という通話中を表すアナウンスが毎回流れます。

この場合、着信相手は「着信拒否されているのでは?」と疑いますが、留守番電話に接続されると、ひとまずは着信拒否されていないと考えるので、トラブルを増やす危険も少なくなります。

まとめ

迷惑電話を着信拒否にする方法と、着信拒否は相手にバレるのかを解説してきました。

着信拒否の方法はandroidスマホとiPhoneで設定方法が異なります。
着信拒否すると、androidスマホでは即通話終了となり、iPhoneでは「ツーツー」と通話中を表すアナウンスが流れます。

なんど電話をかけても同様のアクションが繰り返されますので、相手には着信拒否したことはバレてしまいます。
着信拒否したことがバレてもいいと思える場合は、迷わず着信拒否してしまいましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク