新型コロナウィルスの影響でトイレットペーパーが品切れ!
つい先日、このニュースが大きく取り上げられたばかり。

そもそもはネットで流れたデマが原因だったのですが、今度は生理用品が品切れになるという事態が起きています。

実は生理用品が品切れになったのもデマが原因です。
なぜデマが流れたのか?その裏側を探ってみました。

スポンサーリンク

生理用品品切れ!デマが広がった理由

そもそもトイレットペーパーの買い占めが始まったのは、原材料がマスクと同じという誤った情報が広がったため。

トイレットペーパーがなくなるのなら、
生理用品もなくなるのでは?

そう考える人が増えていました。

そこに輪をかけて流れたのが、
生理用品はマスクと同じ材料という情報。

たとえば、使い捨てナプキン。
使われているのは、高分子吸収ポリマー・不織布などの材料。

一方、マスクも不織布を使って作られています。

そのため、生理用品もなくなる。
というデマが一気に拡散したようです。

生理用品の生産・在庫状況は?

実際、生理用品の生産・在庫上京はどうなっているのか?

メーカーによると、
原料は同じでも生産工程が違うため、生産に影響はないとのこと。

さらに、生理用品の大半は日本製であるため、原材料が手に入らなくなることはない
したがって、生産には問題がない。

どのメーカーもそう答えています。

とはいえ、現実は生理用品が買えない。
これは一般消費者の買いだめの他に転売ヤーの買い占めにも原因があるようです。

スポンサーリンク

生理用品売り切れツイッターの反応

ツイッターには生理用品がないという書き込みが殺到しています。

いやはや、スゴいことになってますね。

米や冷凍食品が売り切れている店もあって恐ろしくなりました。

まとめ

新型コロナウィルスによる生理用品の品切れ騒動。
いくらデマだと言っても、買い占める人が後を絶たないのはホント困ったものです。

次はどんなものが買い占めの標的になるのか?

考えただけで恐ろしくなりますね。

おすすめの記事
スポンサーリンク