運転免許は持っているけど、クルマを運転できない!
そんなペーパードライバーはかなり多いようです。

マイナビの調査によると、ペーパードライバーは27.8%。
男女別にみると、男性20.2%、女性36.6%という結果になっています。

また、どのくらいの期間ペーパードライバーなのかというと、男女ともに「10年以上」が最も多く、35.1%。1度ペーパードライバーになるとなかなか運転復帰は難しいようです。

何とかもう一度運転できるようになりたい。
でも、わざわざ教習所には通いたくない。

そんな人に向けて、教習所に通わなくてもペーパードライバーを自力で克服する方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ペーパードライバーになる人の特徴

ペーパードライバーになる人はおおむね2つのパターンに分かれます。

①車を持っていない
②車を運転するのが怖い

このことからもわかるように、ペーパードライバーを克服するには、車に乗る機会を増やすことが必要です。

そのためにはどうすればいいのか?
まずは3つの方法をご紹介したいと思います。

ペーパードライバーを克服する3つの方法

ペーパードライバーを克服するには、以下の3つの方法があります。

運転が上手な人に教えてもらう

1つめは、運転が上手な人に教えてもらい、クルマに慣れることです。

助手席に乗ってもらってひとつひとつ教えてもらいながら車を運転すると、必然的に運転に慣れてきます。

また、運転が上手な人が横にいると、不安も軽減し、何かあった時に助けてもらえるという安心感があります。

交通量の少ない所で練習する

この方法はあたりまえと言えばあたりまえですが、クルマの多い都会で暮らしていると運転に恐怖心が出がちです。

クルマの少ない郊外に行って、運転は難しくないと身体に覚え込ませることで、運転への抵抗感がなくなります。

車を購入する

ペーパードライバーになってしまうのは運転する機会がないからです。

ならば、思い切ってクルマを買ってしまうと言うのも有効です。
練習用と割り切って安い中古車を買うといいでしょう。

スポンサーリンク

ペーパードライバーが運転を学べる動画

ペーパードライバーを克服するには、運転を見てイメージトレーニングをすることも効果的です。

YouTubeには、ペーパードライバー向けの動画が数多くアップされているので、観てみるといいでしょう。

ここではいくつかの動画をご紹介します。

たった30分でここまで運転出来ます! ペーパードライバー個人レッスン

《ペーパードライバー必見》一般道での練習の仕方《ドラレコ》

大学生がペーパードライバー教習したら効果が凄まじかった

【運転したい方必見】出張ペーパードライバー講習

【15年ぶりの運転】ペーパードライバーのお笑い芸人に運転教えてみた。

ペーパードライバー出張講習を受ける

ペーパードライバーを克服するには、プロから教わるというのも手っ取り早い方法です。

気になる料金ですが、相場は3時間で17,000円くらいです。

自動車学校の教習の場合はマイカーでも教習車でもどちらでも使えます。

ネットで「ペーパードライバー出張教習」と検索すれば、簡単に見つけることができます。

ペーパードライバー向けの教材で学ぶ

ペーパードライバー向けの教材もあります。

これらの教材の良い点は、運転指導の専門家がペーパードライバー脱出のための練習計画!がわかりやすく解説されていることです。

ペーパードライバーの人が運転を覚えようとしても何から始めていいのかわからないということがよくあります。

しかし、教材なら、カリキュラムがきちんとできているので、運転の上手な人に助手席に乗ってもらい、マニュアル通りにやれば、ペーパードライバーを克服できます。

ペーパードライバーらくらく脱出マニュアル 教習不要! 14のペーパードライバー克服カリキュラムとマル秘運転テクニックで行う簡単運転上達法!

ペーパードライバーを克服する期間はどれくらい?

ペーパードライバーを克服して、1人で運転できるようになるにはどれくらいの期間が必要なのでしょうか?

人それぞれケースバイケースですが、長い人は1年近くかかるケースがあるようです。

ペーパードライバーは歳をとるほど克服するのに時間がかかります。

20代であれば、2〜3カ月で克服できますが、60代を超えると1年以上かかってしまうこともあります。

クルマの運転はぶつけたりこすったりして少しずつ上達していくものです。
小さな
接触事故を起こしても気にせずに、運転することがペーパードライバーを克服する秘訣と言っていいでしょう。

おわりに

クルマの運転は慣れです。まずは怖がらず、運転してみることです。

それには、交通量の少ない場所で、運転の上手な人に助手席に乗ってもらって運転するというのが一番です。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク