皆さん映画はよく観ますか?
今はネットやレンタル、DVDなどでお手軽に映画を観る事ができますが、やっぱり映画は映画館で観るのが1番です。大きなスクリーンで迫力あるシーンを観るのもいいですが、恋愛映画もいいですね。

特に、プロポーズシーンを観ると、胸がキュンキュンします。
そこで、プロポーズが印象的な邦画、洋画6作品をご紹介したいと思います、

スポンサーリンク

ロマンティック?カジュアル?あなたの理想のプロポーズは?

映画やドラマで胸キュンな場面はだいたいがプロポーズ。

「私もあんな風に抱きしめられながらプロポーズされたかった!」とか「いつも通りのテンションでプロポーズされたら、なんだか逆にキュンってなっちゃう!」など、プロポーズのイメージや理想はいろいろ。

ロマンティックなプロポーズってどんな感じ?

彼に告白された場所や、初めてのデートの場所で、雰囲気が盛り上がった時に婚約指輪を差し出されてプロポーズされたい!

一度は泊まってみたい憧れの高級ホテルの1室に真っ赤なバラの花びらを床に散らし、その先のテーブルの上に花束と指輪の入った箱。そして、彼から「結婚して下さい」とプロポーズ…。

カジュアルなプロポーズってどんな感じ?

普段2人が過ごす事が多い自宅で、普段通りの会話の中に、普段通りの口調で、サクッとプロポーズされるって、意外と現実的で魅力的だし、ドキドキかもしれませんね。

飲んだ勢いでプロポーズ!もありかも!?

プロポーズの形はいろいろ。それぞれに似合った場所や時間や演出でプロポーズされたら嬉しいに決まっています!
あなたはロマンティック派?それともカジュアル派?どちらですか?

【邦画編】キュンキュン必須!?印象的なプロポーズの言葉たち

恋愛映画のいいところは頭の中で主人公と自分を置換えてキュンキュンできることです。

そんな作品をご紹介したいと思います。

PとJK

亀梨和也と土屋太鳳がコミックを実写化した映画です。

Police<警察官>の功太とJK<女子高生>のカコ。職務上、女子高生とは軽々しく付き合えない功太がいきなり『結婚しよう』と電撃プロポーズ!
カコは突然の事にびっくりしたが、結婚を決める。

警察官と女子高生と言う組み合わせが何とも言えません!

劇場版 名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

コナン<新一>が記憶を失った蘭に『好きだからよ、おめぇのことが好きだからだよ。この地球上の誰よりも』と、数少ないコナンから蘭への告白。

コナンは心底に蘭を愛しているのがわかる言葉です。

8年越しの花嫁 奇跡の実話

岡山県在中のあるカップルに起きた実話を映画化。

尚志は麻衣に『結婚しよう。』とプロポーズ。のちに原因不明の病で麻衣が意識不明になってしまい、長い年月の末、麻衣が目を覚ますが更なる試練が待ち受ける。
困難を乗り越えて結婚へ。真実の愛ですね。

スポンサーリンク

【洋画編】やっぱり憧れちゃう…海外映画のプロポーズ集

邦画より洋画が好き!と言う方もたくさんいるでしょう。

洋画のプロポーズは日本人には出せない言葉回しや演出が素晴らしかったりしますよね。

プリティーウーマン

エドワードが高所恐怖症にもかかわらず、バラの花束を抱えながらはしごを上り、バルコニー越しにビビアンにプロポーズするシーンは有名です。
この映画のプロポーズに憧れた人は多いのではないでしょうか。

メラニーは行く!

富豪のアンドリューと、ファッションデザイナーとして活躍するメラニーは婚約をしましたが、メラニーには離婚の成立していない夫がいました。

そんな彼女へのプロポーズは『人には過去がある。誰でもそうだ。僕が知りたいのは、君の未来に僕の居場所はあるのか、ただそれだけだ』と言うもの。

プロポーズのOKをもらったアンドリューは閉店後のティファニーを貸切『この中から好きな指輪を1つ選んで』と。お店にある全商品の中から自分で選べるなんて!まるで夢のようです。

ビッグ・フィッシュ

誰かを喜ばせることが大好きなエドワード。
サンドラに一目惚れをしてから3年の月日を費やし、3度の愛の告白をします。

1度目は授業中のスライド、2度目は飛行機雲で『アイラブサンドラ』の言葉、3度目はサンドラが大好きな水仙の花を5つの州からかき集め、辺り一面を黄色く染まったなかでのプロポーズ。

すでに婚約者がいたサンドラ。エドワードの強い思いが伝わりサンドラの心を動かせた…。
サプライズ系のロマンティックなプロポーズは必見です。

まとめ

プロポーズのシーンはいくつになっても胸がキュンとします。

この記事を書いていて思ったんですが、邦画はストレートに『結婚しよう』が多いですが、洋画は相手を離したくない、あなたが必要、一緒に過ごしたいと言うニュアンスのプロポーズが多いですね。お国柄もあるのでしょうか。

どれも素敵な恋愛映ですので、ぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク