コロナでマスクが手放せなくなった2020年。

せっかくきれいにメイクできたのに、
気づけばマスクにファンデがべったり…
マスクの湿気でメイクが落ちやすくて大変…

きっとメイクする女の子みんなの悩みだと思います。

今回はマスク生活でもしっかりキープできる
マスクメイクの裏技をご紹介したいと思います。

これを読めばあなたも明日から崩れ知らずのお顔になれること間違いなし!
ぜひ取り入れてみてくださいね!

スポンサーリンク

化粧がマスクにつかないための対策

化粧がマスクについても見えないけれど、なんか嫌ですよね。

マスクに化粧をつけない方法、一番効果があるのは「薄くする」ことです!

やっぱり濃ければ濃い分、崩れやすくなるのがメイクというもの。
薄~く塗っていればしっかり肌に密着してくれるので、マスクにも付きにくくなります。

そこで筆者はパウダーファンデをおすすめします。

リキッドやクリームタイプだとどうしても水分・油分が多く、もともと湿気が多いマスクの中ではすぐに崩れがち。

どうしてもリキッドがいい!クリームがいい!
という方は、上からパウダーで押さえてあげるのがおすすめです。

マスクでメイク崩れした時に役立つ直し術

しっかりと対策していても、汗をかいたり、たくさん喋ったりしてメイク崩れしてしまうことはあるもの。

そんな時の救世主はあぶらとり紙とおしろいです。

べっとりしてしまった部分にあぶらとり紙を押し当て、すっきりしたらおしろいでテカテカを防止してあげましょう。

これならトイレに駆け込んでササっとお直しでき、手軽にきれいなお肌に戻すことができるのでとってもおすすめですよ!

スポンサーリンク

マスクにつきにくいおすすめコスメ

ここまで、筆者のマスクメイク対策の方法をお伝えしてきました。

ここからは実際に筆者が使用してこれはいい!と思えた商品を紹介していきたいと思います。

崩れにくいパウダーファンデならprimavista

花王製薬のprimavistaのファンデーションは皮脂や擦れに強く、マスク内の湿気にもしっかり耐えてくれます。

薄づきでナチュラルなのにしっかりカバーしてくれるので肌荒れが気になって薄メイクは苦手!
という方でも安心してお使いいただけます。

リキッドタイプならメイベリン

メイベリンのリキッドファンデーションは少量でもしっかり伸びてくれ、海外のブランドなのにとってもナチュラルに仕上がります。

今のリキッドはマスクについてしまう!という方はこちらがおすすめです。

ようじやのあぶらとり紙

ようじやのあぶらとり紙はメイクの上から使えます。
余分な皮脂は取り去って、でも必要なメイクや潤いは残してくれる。

メモ用紙のようにちぎって使うタイプなのですが、1冊がとても薄くて持ち運びにも非常に便利です。

おしろいもprimavista

またまた登場しましたprimavista。
普通のおしろいと、超オイリー肌用の2種類展開です。
(超オイリー肌用はオンラインショップのみの販売)

普段普通肌でも、マスクをするとすごくこもってしまう!
という方は超オイリー肌用を試してみてもいいかもしれませんね。

パフにパウダーをなじませスッとお肌に滑らせると、綺麗にお顔を明るくしてくれます。

そしてサラサラ感も長時間キープしてくれる優れもの。
ぜひお試しください。

まとめ

マスクのメイク崩れ対策、いかがでしたか?

おそらくあと数か月~1年ほどは続くと思われるマスク生活。
できることなら快適に過ごしたいですよね。

しっかりマスクに対応したメイクを身につけて崩れ知らずのきれいなお肌で過ごしましょう!

おすすめの記事
スポンサーリンク