転売業者の買い占めで深刻なマスク不足が続く中、
ついにオークションへの出品禁止が決まりました。

ヤフオクなどでは、3月14日からマスクをオークション形式で出品できなくなります。
今回の措置によって、マスクは手に入りやすくなるのか?

そこで、オークションサイトを緊急調査してみました。

スポンサーリンク

マスクのオークション価格の異常な状況

法外な価格で出品されているとして問題になっているマスク。
そこで、ヤフオクの3月8日時点の出品状況を調べてみました。

まずは価格の高い順で調べてみました。

最も高かったのは、6,015,000円
枚数は1,000枚なので1枚当たり6,015円。

めちゃくちゃな値段です。

驚くことに87件の入札があります。
にわかに信じがたいので、詳しく調べてみました。

入札履歴を見てみると、
開始価格は1,000円。
3月6日の21時57分に出品されています。

それから2日余りで6,000倍以上の値段になっています。

さすがにこれはおかしい。
ひとつ考えられるのは、おそらく出品妨害の可能性。

好き勝手な値段を付けて落札して、代金を払わない。
そう、いたずら入札、悪質な嫌がらせです。

もうひとつは仲間で値段をつり上げるのを目的にしたもの。
ただし、600万円という値段を考えると、これには当てはまらないと思われます。

マスク異常価格に対するツィッターの反応

ツィッターには「マスク ヤフオク いたずら」という
ハッシュタグで様々な書き込みが寄せられています。

転売ヤーつぶしというのは、何かスカッとしますね。

スポンサーリンク

現実的なマスクの落札価格は1枚100円以内

現実的に買えそうなマスクを調べてみると、
50枚で4,000円から5,000円程度のもの。

入札終了直前のマスクをいくつかウォッチしましたが、
ほとんどが1枚100円以内で落札されていました。

それでも値段的には高いですが、
どうしても手に入れたい人は払うでしょうね。

マスクのオークション出品禁止で値段は今後どうなる?

マスクのオークション出品は3月14日から禁止されますが、気になるのはその後の価格動向です。

ヤフオクが禁止する内容をみてみると、

オークション形式での出品は禁止されますが、
フリマ(定額)形式の出品はできます。

定額出品すれば、これまで通りマスクを売ることができるわけです。

現状ではオークションでも1枚100円前後で買えるので、
14日以降もおそらく同じくらいの値段で買える可能性が高いです。

まとめ

ということで、マスクのオークション出品禁止についてみてきました、

現状から考えると、3月14日以降も値段はあまり変わらない可能性が大です。
むしろ、14日までにできるだけ売ろうとする業者が大量に出品し、値段が下がることも考えられます。

ただ、定額出品は認められるので、当分は今の相場で推移するのではないでしょうか。

いずれにしろ、マスク1枚100円というのはやはり高すぎます。
安く買うには、近所のドラッグストアで並んで買うしかないようです。

おすすめの記事
スポンサーリンク