・画像引用元:Raphaelチャンネル

今や人気者になれば億単位の収入があるYouTuber。
しかし、調子に乗っていると、ある日突然チャンネルが削除されるという事態が少なくないようです。

人気ユーチューバーとして活躍していたラファエルさんもその1人。
ラファエルさんは広告収入で毎月1000〜2000万円を得ていました。
ところが、2019年1月22日、チャンネルアカウントが停止されたというのです。

なぜラファエルさんのチャンネルは削除されたのか?
その理由について調べてみました。

スポンサーリンク

チャンネル削除の理由は危険動画の投稿

ラファエルさんによれば、チャンネルが削除されたのはYouTubeのガイドライン変更が理由だと言います。
YouTubeは1月16日、重大な被害を招く恐れのある有害で危険なコンテンツを禁じる方針を示したからです。

ラファエルさんは身体に影響を及ぼすような動画を投稿した経験があり、去年1度警告を受けていたといいます。
本人も「よくないコンテンツを投稿したという認識はあった」と話しています。

ラファエルさんは、今回の騒動での収入について、こう話しています。

「サブチャンネルに切り替えたのでゼロからやっていくのに近い。当面、数か月は毎月入っていた売上が止まるので、(戻るまでに)1億とまではいかないけど5000万円以上の損失にはなると思います」

本人直撃インタビュー

ラファエルさんはYouTube上でインタビューに答え、チャンネル削除の理由について語っています。

スポンサーリンク

過激な動画は広告収益が得られない

YouTubeは投稿動画に対し、年々規制を強めています。
最近は過激なものは広告が付かなくなり、どんなに視聴者を集めても、収入は得られなくなっています。

ちなみに、チャンネル削除は次のような段階を踏んで行われます。

1回目の違反: メールでの警告。
2回目の違反: 6か月以内に2回目の違反警告を受けると2週間動画投稿停止。
3回目の違反: 6か月以内に3回目の違反をすると、その時点でアカウント停止。

YouTubeのガイドラインに違反する動画とは?

YouTubeは違反動画について、以下のように定めています。

著作権違反となる動画
・テレビ、映画、動画サイト(YouTubeなど)の動画
・サウンド、音楽(歌詞も含め)
・講義、記事、書籍の内容
・絵画、ポスター、広告
・テレビゲーム、コンピュータソフトウェア
・劇、ミュージカルなどの演劇作品

性的な動画
・胸、おしり、性器が動画の内容の大部分を占めているか?
・わざと視聴者が性的興奮をするようなポーズをとったか?
・下品な言葉やみだらな言葉が動画で使用されていないか?
・公共の場で受け入れられないような最小限の衣服しか身に着けていない場合。

いじめや差別的な動画
・人種、民族、宗教に対する差別
・性別、性同一性に対する差別
・障害に対する差別
・年齢に対する差別

暴力的な動画
・血が流れるような残虐な暴行シーンがあるかどうか。
・暴力や残虐行為が動画の内容の大部分を占めているかどうか。

有害で危険な動画
・動画内の行為が深刻なけがや死亡につながるかどうか。
・未成年者が簡単にまねできる行為かどうか。

・引用元:YouTuber Hack

いかがですか?
こうしてみると、今流行りの大食いチャレンジ動画なども規制の対象になりそうですね。

まとめ

過激な動画については、今後YouTube側がどんどん規制を強めていくと思われます。
観る側にとっては、物足りないと感じる人もいるかもしれませんが、これも時代の流れです。

いずれにしろ、YouTuberとして稼ぎたいなら、相当な知恵が必要になることは間違いありません。
それが結果的にクリエイティブの質向上につながるのであれば、視聴者にとってはいいことなのではないでしょうか。

コチラの記事もおすすめです。
YouTuberヒカキンがダウンタウンに新居公開!その年収と驚きの宝物
赤飯一気食いで死亡した女性ユーチューバー 息子がコメント発表

おすすめの記事
スポンサーリンク